カード考察/デッキ考察

StarCityGamesが主催しているSCG COLUMBUS INVITATIONAL WEEKENDでMichael Majors氏の往時の主教型の緑白人間が取り上げられています。

デッキの構成は以前紹介しましたバン ...

カード考察/デッキ考察

というわけで表題の通り100tixでどこまでMOを遊ぶことができるのか実践形式のレポートです。

tixっていうのはマジックオンラインにおける仮想通貨みたいなもので、パックを買うにもカードを買うにもドラフトに参加するにも全部 ...

カード考察/デッキ考察

先日の記事で氷の中の存在を4枚積んだ赤青マッドネスデッキを取り上げたが、それを見てる最中ひらめくものがあった。

《紅蓮術師のゴーグル》を使ったドロー呪文コピーは圧倒的だった。《マグマの洞察力》が4ドローとか何かのギャグかと ...

カード考察/デッキ考察

No Image

ライブラリーアウトが好きだ。対戦相手の切り札が場に出ることなくデッキから墓地に落ちるときは絶頂にも近い興奮を覚える。

対戦相手が占術でトップに置いたカードを墓地に落とすことが唯一の私の生きがいと言っても過言ではない。

カード考察/デッキ考察

SCGが主催しているBALTIMORE OPEN WEEKENDより、Kellen Pastore氏の白単人間が潔い。

1マナクリーチャーを15枚も採用しているだけあって、恐ろしい速度。

特に気になるのは、《ア ...

カード考察/デッキ考察

SCGが主催しているBALTIMORE OPEN WEEKENDより、Todd Anderson氏の赤青マッドネスに注目が集まっています。

《氷の中の存在》を豪快にも4枚搭載したこのデッキの2日目の順位はなんと4位。人間や ...

カード考察/デッキ考察

イニストラードを覆う影、イケメン黒人枠の薄暮見の徴募兵が強い。

この記事もSCGの生放送を見ながら書いています。

昨日の記事でキテオン入りのデッキが強い、ということを書きましたが、その影の立役者は薄暮見の徴募兵 ...