1週間に1本だけタバコを吸うとめっちゃ美味い

タイトルの通り、実は自分は喫煙者なんですよね…。

色々な意味で世間の鼻つまみ者であるタバコですが、なんでか嫌いになれず、たまーに吸っています。

喫煙者からしてみれば、年1~2箱前後の人間なんて喫煙者とカウントしたくないでしょうし、非喫煙者にとっては1本でもタバコ吸ってりゃ喫煙者だと思うので、肩身がせまいなあって思っています。

文字通りの蝙蝠なので、人には好かれんだろうなって思います。

蝙蝠と言えば、車自体はそれほど好きじゃないのにマニュアルのセダンに乗っていたりと、マイノリティの中でも別方向に行こうとする性質があるなあって今思いました。

世間が言うように、タバコを吸うメリットは殆ど無いことは承知していますが、個人的には結構良いんだけどなあって気持ちになっていたり。

体に悪いし、お金がかかるのはその通りだけど、娯楽・愉悦ってのは無駄や非合理の内側にあるんだよな~っていうのが私の持論なので…。

個人的にタバコは美味しいと思っているので、1本をじーっくり味わって吸うようにしています。

アメスピのように1本当たりの燃焼時間が長いやつをのんびり吸うのがお気に入りです。

喫煙所とかコンビニとか路上とかそういうところで吸うのではなく、空き家になっている実家(クソ田舎)の庭にキャンプ用の椅子を用意して、ボーっと空や山を眺めてながら吸うのが心の栄養になります。

毎日タバコを吸っていたり、騒がしいところで吸っていたりしたら、あんなに美味しいと思えないんだろうな…。

ものすごーくリラックスします。サウナと同じくらい気に入っています。

今日日喫煙を薦めるなんてろくでもないってのはわかりますが、ゆったりとできる空間で週に1本だけ吸うのはめっちゃオススメです。

今日はこの辺で。それでは、また。