カード考察/デッキ考察

青系の呪文を好む多くのプレインズウォーカーは、相手のライフを0にすることよりも、ドローすることが楽しくなっている。

むしろ相手より手札が少ない状況が耐えられなくなり、盤面がおろそかになっていくまでがテンプレ。

...

カード考察/デッキ考察

ZOOM!ZOOM!

人馬一体とはまさにこれ。スポイラー二日目にして、プレインズウォーカーの度肝を抜いたBe a Driverこと《単体騎手》+《同体騎手》。

少し工夫すれば2マナ4/4先制攻撃、トランプル、絆 ...

カード考察/デッキ考察

なななんと、イニストラードを覆う影の正体は、最後のエルドラージ、エムラクールだったんだ!

うん、知ってた。

知ってた速報とはいえ、エムラクールの登場は誰もが待ちわびていたかと思います。

精神隷属器の ...

カード考察/デッキ考察

最近《アーリン・コード》を軸に据えたデッキをあれこれ試作しています。

前回アップしたデッキレシピから結構変わったので、備忘録も兼ねてメモしておきます。

以下デッキレシピ

《ウルヴェンワルド横断》3
《ニッ ...

カード考察/デッキ考察

《衝撃の震え》デッキの要であった、《軍族童の突発》が居なくなって幾星霜。

トークン生成はエルドラージの十八番となり、《鞭打ちドローン》の登場により、衝撃の震えデッキもエルドラージの侵食を許すことになったかと思われた。

カード考察/デッキ考察

GPニューヨークでも大活躍だった謎の石の儀式。

自分はスポイラーで見た時からやってくれそうなオーラを感じてました。(ホントダヨ)

以前の記事ではスタンで4ターン目に10マナ出す方法についてまとめましたが、今日 ...

カード考察/デッキ考察

こんにちは。

前回記事にした《アーリン・コード》で《カラデシュの火、チャンドラ》等を使い回すデッキのリストです。

基本的なコンボなどは前回の記事にまとめてあります。

記事の中ではリストにないカードも ...