借家主義者の自分が家を建てようと思った理由について

少し前から進めているんだけど、家を建てる予定です。

身バレ防止で細かいことは伏せるけど、せっかく家を建てるのに感想の一つも残さないのはもったいないなと思うので、カテゴリ作ってメモしていきます。

今回は動機についてです。

元々住居費にお金をかけるということは貧乏に繋がると思っていたので、安アパートで良いと思っていました。

実際少し前までは家賃4~5万程度のアパートに嫁と猫と暮らしていました。

ただ、急に周りの建物の都合で駐車場が使えなくなってしまったので引っ越しを余儀なくされてしまいました。

ペット可、駐車場2台、猫の脱走が出来ない形状の家というのが難しく、結果として家賃8万くらいのアパートに引っ越してました。

この時点で住居費が2倍です。

今まで住居費にコストをかけないことが大事だと思っていたのですが、急に引っ越しする羽目になったあげく、住居費が急に2倍近くになるのはなかなかのリスクだな~と思いました。

引っ越しにかかる費用も馬鹿にならなくて、それを考えると結構つらい出費でした。

出費もそうですが諸々の手続きがあまりにも面倒で本当に嫌な気持ちになりました。

この経験から住居費は安さだけで選ぶと不味いな!ということに気が付きました。

まあ結局のところ、あらゆる選択に裏目があるというだけなんですけど、自分の都合でもないのに引っ越すのは二度とやりたくないなと思った形です。

有難いことに土地が余っていたので、土地代をあまり気にしないで済むのもデカかったですね(伐根や整備などやらんといけんことやコストはもちろんかかりますが…)

金銭的に考えるとアパート暮らしの方が絶対に良いのですが、インフレ事情を考えると借金自体マイナスなものではなく、中長期的にお得なのでは?と思ったのも大きいです。

太陽光発電と蓄電池がセットのオール電化にする予定なので、電気代の高騰から目を逸らせるのも良いですね(まあエネルギー資源の高騰は家の電気代以外にも影響出てくるので緩和できる余地は少ないのですが…)

ローンの支払金額なども色々計算しているのですが、月9~10万くらいかな~。控除や電気代引くと8~9万くらいになるので、今の生活とそんなに変わらなそう。

これ以上周りに振り回されたくないという個人的欲求と、金銭的な負担の少なさの2点が決め手だったかな~。

ただこれは土地代を節約できたってのが大きくて、もし土地から買おうってなったら取れなかった選択肢だと思う。

ありがとうご先祖様…。