【カード評価】刃とぐろの蛇について語るよ

2022年11月5日

各モードの格差が激しすぎて個人的に気になっている、刃とぐろの蛇について語っていくよ!

刃とぐろの蛇の概要・使い方

先日レビューした土の勇者と同じ、唱えたマナの色によって効果が異なるカードですね。

スタッツ自体は6マナ5/4と低めなので、CIPの強さで捲っていく感じですね。

で、このカード見てみんな思ったことがあると思うのですが、青で唱えた時だけ異常に強いですよね…。

そして赤で唱えた時結構弱いという…。

まずこのカードの使い方として目指すべき部分は、青6マナで唱えて3ドローを狙うパターンですね。

3ドローに5/4の生物が付いているカードなんて今まで見たことがないので、多分すんごく強いと思います。

ただ青マナを確保するのが難し…

くねえなあ!!!???

ブルースティール系のデッキなら問題なく捻出できるぞ…。

パイオニア目線で考えてみると、青単信心とかとの相性が良さそうです。

ニクソス経由で《予期の力線》から相手のエンドに出てきたらゲームぶっ壊れそうですね~。

勢いあまって4~5ドローとかしちゃいそう。

まあ青マナなら割と出しやすい色なので、使う分には問題なさそうです。

次に黒ですが、黒は青ほどではないですが、まあ悪くはないかなと思います。

ただ、6マナ生物唱える時点で相手のハンドに3枚もカードが残っていることは少なそうなので、青4黒2とかそういう形で使った方が強そうです。

黒単色で使うにはちょっと難しいかな?という評価です。

赤については単体で考えると6マナ8/4速攻トランプルなので、まあ強くはないですね。

次のターンからはただの5/4になってしまうのがキツイ~。せめて全体に付与出来たら…。

もしくは+2/0修正にするとかねえ…。

赤は重複しても強い効果ではないので、2マナだけ赤で払うのが良さそうです。

青4、赤2なら2ドローに6/4速攻トランプル生物、黒4、赤2なら2ハンデスに6/4速攻トランプル生物。

まあ悪くないですね。

最後に各色2マナずつ唱えるパターンを考えてみると、1ドロー、1ハンデスに6/4速攻トランプル生物。

うーん、強い。でも青4、黒2か、青6の組み合わせの方が強そうだな~。

多少マナレシオ悪くても4マナXだったらもっと良かったな~とは思うけど、流石に強すぎるので6マナで良いと思います。

まとめ

あまりにも色の格差を感じる1枚でした。

かなり強いカードだと思うので個人的に結構好きです!

今日はこの辺で。それでは、また!