【カード評価】苦難の影について語るよ

往年の名カードが鬼のように強化されているとインフレの波を感じますね。インフレは経済だけではなくてカードパワーにも…。

苦難の影の概要・使い方

このカードはリメイク元とも割れる《ナントゥーコの影》と比較しながらの方がわかりやすいですね。

同じにマナですがダブルシンボルからシングルシンボルに変更されていて、さらに常在能力で生物追放まで有しています。

また、起動型能力の色拘束もなくなったので多色デッキで運用しやすくなった。

素のタフネスも1増えているので、火力ではさらに焼きにくくなった模様。

能力を一回起動するだけで《切り崩し》を躱せるのは偉い。

この差は結構大きいな~と思う。いやあ《ナントゥーコの影》もだいぶ強くなりましたな~。

流石は兄弟戦争って感じ。

次期スタンで苦難の影の競合になるのは《進化した潜伏工作員》かな。

サイズの差は結構あるけど、1マナ軽かったり、ドローできたりとユーティリティは《進化した潜伏工作員》の方が高いか。

個人的な意見だけど両方使えば良いんじゃないかな。

次の環境も黒単結構やれそうな感じがあるので、悪くないと思う。

《ヴェールのリリアナ》で消耗戦を仕掛けた時、場にあるカードで戦えるようにするのは結構大切なので、苦難の影と《進化した潜伏工作員》、あとは《しつこい負け犬》あたりでビートダウン戦術狙うのが結構強そう。

そういえばヨーグモスの法務官、ギックスもいるし、こりゃやばい。

除去もハンデスもドローも結構充実しているので、黒単使う人増えるんじゃないかな~~。

普通に集めても問題ないカードだと思う。

今回はこの辺で。それでは、また!