【カード評価】アルガイヴの盾、ミュレルについて語るよ

2022年11月5日

今日は最後の方に公開された強強神話レア、アルガイヴの盾、ミュレルについて語っていくよ!

アルガイヴの盾、ミュレルの概要・使い方

《堂々たる撤廃者》の能力にゴブリン並みのトークン生成能力を手に入れた強力な神話レア生物。

本体のスタッツは4マナ3/4と若干低めなので、殴れるような盤面を作ってあげるのが大事ですね。

こちらのターンの行動制限は呪文だけではなく、クリーチャー、アーティファクト、エンチャントの起動型能力まで封じられるので、ほぼ完封と言っても過言ではないです。

トークン生成数はコントロールしている兵士の数なので、倍々ゲームでトークンが増えていくのが恐ろしいところ。

出てくるトークンは、兵士・アーティファクトなので、かなり使い勝手が良いですね。

スタンでは兵士のロード系が結構多いので、まずはその軸で使うのが良さそうです。

パイオニア以下で見ると、出たターン何も仕事をしない4マナ生物は流石に使いにくいかもしれません。

《集合した中隊》で場に出すこともできないので、何らかの工夫は必要そう。

自ターンの行動制限があるので、速攻を付与するカードと組み合わせたら結構強そうです。

今回のセットでは兵士の枠は青白ベースになっていますが、個人的には青よりも赤と組み合わせたいなあって思っています。

というか兵士は各色にあるので、伝説生物ということに注目したデッキにするのも面白そう。

例えば忠実な護衛、ハジャールとか《国王ダリアン四十八世》のように、伝説で兵士の生物は結構多いので、《英雄の公有地》と組み合わせて5C伝説兵士デッキとか組めそう。

というか今更だけど《英雄の公有地》ってほとんどデメリットのない土地なのでめっちゃ強いですね。

パイオニア以下まで範囲を広げると、《アクロスの英雄、キテオン》や《オレスコスの王、ブリマーズ》などもいるので、普通にデッキになりそうだ!

特にアルガイヴの盾、ミュレルと《オレスコスの王、ブリマーズ》の相性は凄いな!兵士トークンをどんどん増やせるのでかなり楽しいことが出来そう。

自分はあんまり素直なビートダウンを組まないので、誰かに任せたいのですが、気になった人はぜひ組んでみてくださいな!

まとめ

 

ウィザーズはCIPじゃなかったらいくらでも能力を盛っても良いと思っている節があるんじゃないか?

って思えるほどアルガイヴの盾、ミュレルは強力なカードでしたね。

今日はこの辺で。それでは、また!