【カード評価】敵意ある交渉について語るよ

今回は令和の《噓か真か》である敵意ある交渉についてレビューしていくよ~

敵意ある交渉の概要・使い方

要約するとデッキトップから3枚の束を2つ用意し、片方を相手に公開する。

相手はどちらかの束を選び、選ばれた方を手札に、選ばれなかった方を墓地に置く激アドインスタント。

黒なのでライフルーズはついているけど、それにしても4マナ3枚手札+残り墓地って青もびっくりなアドバンテージ。

良くも悪くも《黙示録、シェオルドレッド》の誘発のトリガーにはならないので、ライフルーズを帳消しにするのは出来ない模様。

デッキに何枚も積みたいカードではないけれど、流石に4マナで2アド以上確保できるのは強いなって思う。

ライフルーズが痛いので、ちゃんとライフゲインさえできれば問題なさそう。

スタンにおいては結構強いアドバンテージ源だと思う。

問題はそれをどうやって活かすかと、割と殴るデッキが多い中でライフルーズがどこまで痛いかが未知数ってところかな…。

ラクドスミッドレンジとかが1~2枚積むとかなら結構ありそう。

アグロ寄りのデッキだとヨーグモスの法務官、ギックスがいるので、使うならミッドレンジからコントロール寄りのデッキだとは思う。

流石にヨーグモスの法務官、ギックスと同居するのはライフ的にしんどいだろうし、難しいかな~。

こういうフェアなカードの使い道ってフェアが故に思いつきにくいけど、無難に普通に使って強いカードだと思うので、1~2枚は押さえておきたいな~って思う。

パイオニア環境だとコントロールと言えば青白の独壇場だけど、青黒とかも増えてきたらいいな~とは思う。

今回はこの辺で。それでは、また!