【カード評価】 ヨーグモスの法務官、ギックスについて語るよ

2022年11月1日

今回はプレビューウィークが短いのか、いっぺんにカードが公開されますね~。

こちらもギアを上げてガンガンレビューしていくよ!

ヨーグモスの法務官、ギックス

ダブルシンボルとはいえ3マナ3/3は中々なスタッツ。

すべての生物に好奇心を付与する能力と豪快な起動型能力を持つカードですね。

すべての自軍生物にライフルーズ付きとはいえドローを付与するのはかなり珍しいし強いな~と思います。

最近のウィザーズなら、何体で殴っても1ドローしかしないような縛りを付けてくるかな?と思っていましたが、まさかの各体ドロー。

普通に構築級の強さがありますね。

特に黒単系統で活躍するカードだなと思います。

低コストのクリーチャーで殴り、圧倒的に展開するのも良し、ヴェリアナの[+1]能力でさらに差を付けていくのもよし、という素敵なカードですね!

起動型能力についてはコストの割にはちょっと微妙かな。

7マナで複数枚カードを捨てる割には不安定でイマイチな能力です。

7マナと複数枚手札があるなら、普通に展開した方が強くね?って気がします。

まとめ

常在能力はかなり強いけど、起動型能力はインクの染みレベルかな。

あまりにも常在能力が強いので、起動型能力の方は控えめにデザインしたと思われる。

無難に強い良いカードだと思うので、使いたいですね~。

それでは、また!