【剣盾S8構築記事】勝率7割越え!展開構築+ゴチルゼル嵌めの新パーティ

初心者が使う上で最高のパーティを作り上げてしまった…かもしれない。

前回紹介したコバルオン+ギャラドスの展開構築の詳細記事になるのですが、タイトル通り、ゴチルゼルを加えてから殆ど負け無しで戦える、ものすごーく強いパーティを組めたので紹介します。

コバルオン

とくせいせいぎのこころ
せいかくわんぱく
努力値H252 B252 D4
持ち物オッカのみ
技構成アイアンヘッド、でんじは、ステルスロック、ちょうはつ

ギャラドス

とくせいじしんかじょう
せいかくようき
努力値H4 A252 S252
持ち物いのちのたま
技構成たきのぼり、とびはねる、じしん、りゅうのまい

コバルオンででんじはとステルスロックを撒き、後続のギャラドスで全抜きを狙うのが基本構築です。

パーティ的にカバルドンを誘いやすいので、ちょうはつ→ステルスロック→アイアンヘッド→ちょうはつでギャラドスに繋ぐのが良くあるパターンです。

上記2体については、個別の記事を用意していますので、こちらをご覧ください。

ゴチルゼル

とくせいかげふみ
せいかくおだやか
努力値H252 B4 D252
持ち物たべのこし
技構成アシストパワー、めいそう、みがわり、ねむる

コバルオン+ギャラドスの欠点として、上手い事1体目にでんじは+ステロと展開できても、ダイマックスポリゴン2のダイサンダーに切り替えされてしまう点があります。それ以外のポケモンであれば基本貫けるのですが、ポリゴン2のように様々なパーティに入っているポケモンで止まってしまうのは弱いところです。

そのため、ポリゴン2ピンポイントのメタとして、かげふみゴチルゼルを投入したところ、ポリゴン2を出してくる相手にはすべて勝ち星を挙げることが出来ました。

特定のトップメタに対し、確実に刺さるカードを加えておくことで、基本選出の補強を行いました。TCGで言うところのサイドボードみたいなものですね。

普段はゴチルゼルは選出しないのですが、カバポリゴンのような面倒な構築をしばいてくれるので、基本選出がかなり安定するようになりました。

主な使い方ですが、ポリゴン2相手にめいそう6回積み、みがわりを残しながらアシストパワーで突破し、後続もみがわりを盾に消し飛ばす形です。

基本ステロ展開で進めているはずなので、たすきなどをケアせず、確実に1体持っていくことが出来ます。

ポリゴン2を起点にした場合、すりぬけ物理ドラパルト以外なら概ねこれ一体で突破可能です。

ガオガエン

とくせいいかく
せいかくのんき
努力値H244 B252 D12 (Sは逆V)
持ち物フィラのみ
技構成しっとのほのお、DDラリアット、まもる、すてぜりふ

本パーティのクッション。基本構築ではあまり選出しないのですが、ギャラのりゅうまいの起点を作ったりすることも出来るので、相手のパーティによって選出します。

このポケモンの神髄は、いかく+すてぜりふでゴチルゼルに繋ぎ、ゴチルゼルの起点を作るところにあります。これがまあ、えげつないほど強く、基本選出できない相手にはこの嵌め技で繋ぐようにします。

珍しい技として、まもるを採用している理由ですが、これはダブルの個体を流用したとかそういうわけでは無く、相手のダイマックスの被ダメージを押さえたり、エースバーンのとびひざげりをすかすために使っています。

派手な活躍は少ないですが、地味な仕事が光る良いポケモンでした。

ポリゴンZ

とくせいてきおうりょく
せいかくおくびょう
努力値H4 C252 S252
持ち物きあいのタスキ
技構成さわぐ、あくのはどう、はかいこうせん、わるだくみ

基本選出でゴチルゼルを選出しない場合のストッパーが主な役割ですが、基本選出使えない場合は先発に使うことも多々あります。

相手のポケモンが残り1体の場合、はかいこうせんで消し飛ばしたりすることも出来るので、最終防衛ラインを任せるのにはグッドなポケモンでした。

これはただの自慢ですが、菱形の色違いです。かっこいい…。

トゲキッス

とくせいてんのめぐみ
せいかくおくびょう
努力値H4 C252 S252
持ち物こだわりスカーフ
技構成エアスラッシュ、マジカルシャイン、わるだくみ、トリック

この枠は結構自由枠かな、と思っています。あまり選出することは無いのですが、受けループを崩せるようなポケモンであれば、何でも良いと思います。一応受けループへのサイドボードという捉え方をしています。

今回使用している個体は昔紹介した下記の個体です。

単純でとても強いポケモンなので、困ったらとりあえず選出したりもしました。

特にポリゴンZが通りにくそうな、格闘タイプが多い相手などには役に立ちます。

まとめ

今回紹介した構築は自分のような初心者寄りのプレイヤーでもかなーり勝ち星を増やすことが出来たので、構築としては環境に合っていて強いと思います。

パーティ的にテラキオンがクッソ苦手なので、もし今後テラキオンが流行りだしたら辛いなーと思います。

今回はあまり時間が取れず、前回の構築の260位のレートに甘える形になりましたが、次のシーズンはこの構築でがっつり勝率を増やしていきたいと思います。

今日はこの辺で。

それでは、また。