【威圧の誇示】DTK-EMN環境に突き刺さるサイドボードカードの考察【引き裂く流弾】

2017年1月9日

先日のプロツアーは大波乱でした。

今後も優勝した白黒コントロールや、新しいデッキである、赤緑ランプ緑黒昂揚が台頭していくことが予想されますね。

そこで次のメタを踏まえたサイドボードのカードをいくつか考えていきたいと思います。

まずは一枚目。《威圧の誇示》です。

 

《威圧の誇示》
前回の環境で一番強力な置物は、間違いなく《最後の望み、リリアナ》でした。先手3ターン目に出ると恐ろしい速度で奥義に到達してしまいます。プロツアーではかなりの回数で奥義に到達していたので、《最後の望み、リリアナ》が強力なのは間違いないです。

しかしリリアナの弱点は、最速3ターン目に飛び出した場合、ほとんどの場合でプラスから入ることが予想されます。

後手2ターン目ですんなりリリアナを除去できれば、あまりアドバンテージを渡すことなく攻勢に出られます。

また、白黒コントロールでも《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》や《死の宿敵、ソリン》など強力なプレインズウォーカーを除去できますし、《破滅の道》や《闇の掌握》を防ぐことができます。

この環境が続けば、高確率で赤青バーンも台頭してくると思いますが、そうなったときに厄介な《熱病の幻視》を後手からドローさせずに割れるので、今後のサイドボードには《威圧の誇示》が増えていくんじゃないんでしょうか?

 

《過去に学ぶ》
次のカードは《過去に学ぶ》です。こちらは昂揚系デッキとエムラクールデッキに対してのピンポイントメタカードでありますが、高確率でアド損しないのでお勧めです。

昂揚系のカードを唱えたときに対応で打つことができるので、例えば《墓後家蜘蛛、イシュカナ》や《ウルヴェンワルド横断》など強力な呪文に対しても被害を最小限で抑えられます。

特に《精神壊しの悪魔》など盤面に出ている状態で《過去に学ぶ》を唱えられれば、相手が悶絶すること間違いなしです。

実はこのカード、自分が作っている青赤ゾンビに対しても滅法強いので、本当は流行らないでほしいなーっていうカードであります。

ま、まあ、青いデッキ少なかったからそんなに採用され…ないよね?

あまりにも採用枚数多くなってしまうとデッキを崩さないといけなくなるので、ほどほどにしてほしいですね。

 

《即時却下》
次はこのカード、《即時却下》。エルドラージ系カードが持つ、「唱えたとき」に誘発する効果はかなり強かったですね。

《老いたる深海鬼》のタップ効果然り、《約束された終末、エムラクール》の疑似精神隷属器効果然りです。

本体だけで打ち消したところで、被害は甚大になってしまうので、従来のカウンター呪文で対応するのは難しくなりました。

そこで今後は《即時却下》がサイドボードのカウンター枠になるんじゃないかなっと思っております。

問題はマナコストの重さですが、「唱えたとき」効果のクリーチャーは比較的マナコストも重たいので、なんとか間に合うんじゃないんでしょうか(希望的観測)

下の環境でもひょっとしたら活躍しそうなので、1~2枚くらい集めてみるのもどうでしょうかね?

こういった面白いカウンターは大活躍してほしいです。最近カウンター弱かったしね…。「最初からやろう。な?」

 

《引き裂く流弾》
打ち消せなくても追放はされてしまうんだぜ…最後は《引き裂く流弾》です。《呪文捕らえ》にこのカードがしまわれてしまったのを見て涙がとまらなかったんですが、よくよく考えてみると《大天使アヴァシン》をも1マナで除去できるナイスなカードなので、今後もサイドに必要なカードではあるかなって思います。

個人的には《稲妻織り》と組み合わせれば、青白スピリットには有利取れるんじゃないかなって思っています。

問題は《無私の霊魂》や《呪文捕らえ》ですが、そこを《稲妻織り》でカバーしないと厳しそうってのは確かですが…。

赤いカードでは対策カードがやや限られていますので、《焙り焼き》と併用する形でしのぎたいところですね。

どちらにせよ、1マナのインスタントとしては破格の性能ではありますので、うまく使いたいところ。

最近は赤も復活してきたので、こういった対策カードをもって上位メタに反撃したいですね。

 

以上です。やっぱり新しいカードが増えてきますと、こういったサイド考察もはかどります。

デッキは75枚で組むものだと個人的には思っているので、もしこんなサイドボードもあるぜ!というかたは、コメントか@iCtomoeにまでリプライ下さいな。

それでは、また。

]