【MTG】往時の主教を集合した中隊デッキに入れたらどうなるのか

ようやくイニストラードを覆う影が発売されました。さらば、包囲サイ。どんなデッキを組む時も、いつだってお前に勝てるかどうかからカードの検討を始めていたよ。

小粒なクリーチャーが好きな自分にとって、包囲サイはもっとも高い壁であった。どんな悪名高いカードもスタン落ちするときだけは良いカードに思えてくることが多いが、包囲サイは本当に苦手だった。

これで二度と対戦相手の「あ、トランプルです」とドヤ顔されなくて済むと思うと気持よくて仕方がない。

3点ドレイン付きの4マナ4/5トランプルに泣かされる日も昨日で最後だ。

 

今日からは新しいデッキを模索していかないといけないなー。

というわけで新しいカードの検証。今日はイニストラードを覆う影、「なんでこいつが人間じゃないんだよ!」と喚き散らしたくなるカードランキングナンバーワンの往時の主教くん。

旧イニストラードにいた弱者の師と違い、「クリーチャーが戦場に出るたび」ではなく、「唱えた時」となったため、トークンで誘発させたり、ブリンクでドローすることはできなくなった代わりに、マナコストを払えないタイミングでも、調査を行えるようになった。(もっともドローするためには2マナ必要ですが。。。)

弱者の師と違い、参照するのがパワーではなくマナコストになったのも要注意点。

使ってみないとわからないけれど、弱者の師と違って使い勝手はいいと思う。本体に飛行が付いているので、クロックの加速にも繋がるグッドなカード。

往時の主教は3マナ以下のクリーチャーを唱えた時に能力が誘発するので、クリーチャー呪文を唱えた対応で除去やカウンターされても能力自体は誘発するので、より堅実にリソースの確保ができる。

プレリリースに参加した人は十分承知しているとは思いますが、調査はエグいくらい強いので、多分往時の主教もスタンでは大活躍してくれると思う。

マナコストが3マナ以下のクリーチャー、というとやはり頭に浮かぶのは集合した中隊でしょうか。

また、クリーチャー呪文を唱えないと誘発しない都合上、手早くクリーチャー呪文を確保出来つつ、唱えるためのマナコストを軽減できる薄暮見の徴募兵も必須だ。

トークンではないクリーチャーが主力になるということを考えると、永遠の見守りも必要だと思う。

集合した中隊を使うとなると、3マナ以下のクリーチャーではない呪文は極力控えたいので、集合した中隊と永遠の見守り以外はすべてクリーチャーにしたい。

調査を頻繁に行うであれば、不屈の追跡者は当たり前に入るとして、あとは白濃い目にするのであれば、族樹の精霊、アナフェンザも有りだと思う。

あとは森の代言者や集合した中隊を使いまわせる可能性がある、棲み家の防御者も必須だろうか。

色配分ががばがばになっちゃうけれど、棲家の防御者を入れていくなら死霧の猛禽もいるだろうなー。

変異ならクリーチャー呪文を唱えたことになるし、トークンでもないので、永遠の見守りの効果を受けられると思うので、隠れたる龍殺しもありですねー。

あとはサイドとかにナッターノールズの隠遁者(リンク先は以前の記事)とか入れたら完成かなあ。

緑もしくは白のクリーチャーで3マナ以下で優秀なカードがあったらぜひ教えてケロ。

 

以下暫定デッキレシピ

森の代言者4
薄暮見の徴募兵4
族樹の精霊、アナフェンザ2
棲家の防御者4
隠れたる龍殺し2
往時の主教4
不屈の追跡者4
死霧の猛禽4
クリーチャー28

永遠の見守り4
集合した中隊4
呪文8

土地24

思ったより戦えそうなデッキをしているなー。

永遠の見守りとアナフェンザの白ダブルシンボルが結構重いか。

このデッキで死霧の猛禽を切れるだけのカードが白に有れば、むしろ白に寄せるのもありなんだけどなあ。

人間が主体じゃないからサリアの副官はまずはいらないだろうしねえ。

なにかいいアイデアある人は是非ご連絡くださいな。このページの下の方にツイッターアカウントのリンクもあるのでぜひ。

 


PAGE TOP