【MTG】集合した狼男【ナッターノールズの隠遁者】

2016年3月27日

いやあ、とうとうイニストラードを覆う影のフルスポ公開されましたねえ!

今日は仕事だったので、出社前にスポイラーを確認していたんですが、あまりに興奮してそのまま会社に仮病の連絡を入れるところでした。

各カードの感想はおいおい書くとして、今日取り上げたいインスピレーションは集合した中隊!

Collected Company / 集合した中隊 (3)(緑)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上から6枚のカードを見る。その中から、点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。

スタンでもモダンでもお馴染みなこのカード。カードプールのクリーチャーの質によって使い勝手がうんと変わるので、スポイラーを見るのが楽しみで仕方なかった。

集合した中隊はインスタントなので相手のターンに狼男を展開できるので、自分のターンに呪文を唱えないという選択が可能になるわけだ。

流石にスタンだけだとカードプールが不足してしまうけれど、モダンにまで足を伸ばせば、アヴァブルックの町長常なる狼クルーインの無法者といった優秀な3マナ以下の狼男クリーチャーたちがインスタントタイミングで飛び出してくるのだ。

しかも今回登場した復活の声っぽい能力を持つナッターノールズの隠遁者くんも3マナなんだよなあ。相手のエンド時叩きつけたいカードNo.1。対応で除去されることまで予想はつくが、除去されるクリーチャーってのはいいクリーチャなのだ。

いわゆるヘイトを稼げるクリーチャを相手の除去の枚数分以上叩きつければ勝てる。

とはいえクリーチャーパワーでごり押せるほどモダンは甘くはないけど(エルドラージから目を覆いつつ)、新しいアーキタイプが誕生するのかもしれないね!

ちなみにもしスタンで集合した中隊&狼男デッキをやるのなら、村の伝書使、薄暮時の徴募兵、ラムホルトの平和主義者、ナッターノールズの隠遁者、ガイアー岬の山賊、吠え群れの復活、忘れられていた家宝、あたりでデッキを組むことになりそうだな・・・ってあれ? これスタンでも全然行けるぞ・・・?