【MTG】イニストラードを覆う影、100枚買え枠

フルスポイラーの時は大して注目していなかったカードを、いざプレスリリースで使われると評価が180度変わることがしばしば。

私のような凡人には、轢き殺された経験でしかカードの強さを測れないのです。

というわけでプレスリリースという実戦を経て、100枚買ったほうが良さそうなレアを何枚か紹介します。

トップバッターを飾るのは、不屈の追跡者。
不屈の追跡者

 

 

 

 

 

 

 

今回のプレリの感想は、調査がつえーなーという至極シンプルなものでした。方やマッドネスで手札をガンガン燃やしている輩に対し、調査組は適当に呪文で時間を稼ぎながら、ガンガンアドバンテージを稼いでいき、相手が息切れしたところに大量展開で轢き殺す試合が多かったように感じます。

そんなわけで調査の評価が滅茶苦茶上がった現在、自分の中の100枚買え枠は不屈の追跡者です。

土地を置くだけで調査って何か書いてあることおかしくないだろうか?

だってよう、土地にキャントリップ付いているようなもんだぜ?

というか調査自体、キャントリップ呪文より強いんだよなあ。手がかりトークンがずっと盤面に残るし、それ自体はアーティファクトっていうのが本当にエグい。

僕は思わずチャンドラ夫妻を買い足したからね。

というわけで次。次はハンウィアーの民兵隊長。

ハンウィアーの民兵隊長

ウェストヴェイル教団の指導者

 

 

 

 

 

 

 

正直変身コスト重すぎてなんの期待もしていなかったんですが、人間系のデッキなら4枚クリーチャーを揃えることがそこまで主に出ないということと、変身したときに、少なくとも4/4で殴りこんでくる2マナシングルシンボルクリーチャーとか頭おかしいんじゃねえのって言うクルフィックス。

とあるアンコモンと合わせると無法の力で殺しに来る。

もちろんサリアの副官とはずっ友。

次は石の宣告。

石の宣告

 

 

 

 

 

 

 

 

調整版PtE。スタンではウィニーに入れよう。インスタントじゃない以上でもモダン以下では居場所なさそうなんで、これは4枚買え枠だな。

最後。前回の記事でも書いたけど、オーメンダールは揃えておいたほうがいい。こいつはスタン以外でも活躍できるポテンシャルがある。

ウェストヴェイルの修道院

不敬の皇子、オーメンダール

 

 

 

 

 

 

 

問題を上げるなら、この記事が下書き状態だったときは、まだ500円位だったのに、ふと気づけば2000円近くまで高騰しているということだ。

それと以前の記事で氷の中の存在についてとりあげたけど、べつにジョニーなデッキじゃなくとも氷の中の存在も強かったわ。

自分のプレリレアが氷の中の存在だったんだけど、インスタントソーサリーがデッキに8枚しかなかったのに、3回位変身して殴り殺してたからなあ。

というかホラーはバウンスされないので、忘れられた存在のような手札を回転させるカードと一緒に使ってあげるとエグいと思う(エグかった。)

というわけで最後の買え枠は同じホラー仲間のゲラルフの傑作と忘れられた存在。

忘れられていた存在 ゲラルフの傑作

 

 

 

 

 

 

 

 

この二枚は露骨にシナジーがあって使いたいんだけれど、残念なことに、青のマッドネス呪文がおもったより弱いんだよな。

おのれ。。。ジェイス。。。

ちなみに100枚買う必要はないんですが、調査を3回行うカウンターも結構強かったです。パーマネントが複数出るカードはやっぱ強いな、っていう一般論。

アーティファクトをタップするとクリーチャーかプレイヤーに1点飛ばすエンチャントと一緒に使おうか。

 


PAGE TOP