【カード評価】機械化戦について語るよ

今回は赤の火力補強エンチャント、機械化戦について語っていくよ!

機械化戦の概要

機械化戦は3マナの火力補強エンチャントです。《朱地洞の族長、トーブラン》のようにダメージの発生源一つ一つに火力を追加していきます。

機械化戦と《朱地洞の族長、トーブラン》の違いですが、マナコスト、カードタイプ、補強点数、対象範囲ですね。

まずマナコストですが、4から3になったことにより、アグロデッキでも採用できるレベルになりました。

次にカードタイプがエンチャントになったことで、除去されにくくなったのも良い点です。

ただし《朱地洞の族長、トーブラン》は自身が4点火力として機能ましたが、機械化戦自身は殴ることが出来なくなったので、そこは弱い点ですね。

また、機械化戦は非伝説のパーマネントなので、重複して貼ることが出来るのも強い点です。

とはいっても2点が1点になってしまったので、重複してようやくトントンといったところですが…。

最後に機械化戦最大のアピールポイントとして、効果範囲が赤の発生源だけではなくアーティファクトにまで広がったところですね。

これで赤茶のデッキにも投入できるようになっています。

機械化戦の使い方

基本的な使い方として、スタン目線では1~2マナの生物を詰め込んだアグロデッキに採用するのが良いと思います。

《フェニックスの雛》のような優秀な生物の打点を底上げしたり、《勝負服纏い、チャンドラ》のような定期的にダメージを与えられるパーマネントを強化するのにうってつけです。

アグロデッキの3マナ枠としては優秀な部類なのかな?と思います。

全体のパワー修正と異なり、こういった火力やダメージ呪文の底上げに使えるのが偉いですね。

パイオニア目線だと流石にちょっと火力不足感が否めないので、使うならスタン環境かな?と思います。

まとめ

機械化戦は比較的使いやすいカードだと思いますので、アグロを使うデッキにはお勧めかな?と思います。

自分はアリーナで赤単を使っているのですんなり入るかな?と思います。

今回はこの辺で失礼します。

それでは、また!