【カード評価】第三の道のロランについて語るよ

今日は激強《再利用の賢者》、第三の道のロランについて語っていくよ~。

第三の道のロランの概要・使い方

 

3マナ2/1警戒という貧弱なボディーと《帰化》や《解呪》のCIPと両者ドロー能力を有している強い伝説生物。しかも人間。

実は兄弟戦争に《解呪》が収録されているので、レアリティの差ってやつを見せつけてくる。

基本的な使い方はシルバーバレットからサーチするとかになると思うので大量に詰むようなカードではないと思う。

なので伝説というのも弱点になりにくいかな?

クリーチャータイプが人間ってのが中々偉くて、パイオニアだと白単人間に内定すると思う。

工匠じゃなくて兵士だったらもっと良かったな。

《再利用の賢者》との違いとしては、色、警戒、クリーチャータイプ、起動型能力か。

起動型能力も結構良いこと書いてあって、マナを払わずに全体ドローってのはなかなか強いと思う。

例えばドロー制限をする生物、《迷宮の霊魂》とかと組み合わせたら結構鬱陶しいと思う。

相手のターンにドロー進めてこちらだけアドを稼いだりしたら面白いと思う。

あと地味にセルフLO対策にもなったりしている。

《タッサの神託者》の着地に合わせて第三の道のロランの能力を起動すると、《タッサの神託者》の能力解決前にライブラリーが尽きるパターンとかもあるので、地味にアンフェア対策になっているのが偉い。

まあレアケースだろうけどね。

なんにせよ第三の道のロランはそれなりに仕事できるカードだと思うので、1~2枚抑えるのは悪くないと思うな。

今回はこの辺で。それでは、また!