【カード評価】魂の仕切りについて語るよ

2022年11月11日

こういう地味なカードが環境を変えるんだよなあっていう時間だけがある。今回は魂の仕切りについてレビューしていくよ~。

魂の仕切りの概要・使い方

バウンスにキャスト制限をかけた白らしいカード。

魂の仕切りは言ってしまえば《分散》をめっちゃ強くしただけなんだけど、かなり強いと思う。

例えば先手2ターン目に相手の2マナのカードをバウンスした場合、そのカードが唱え直されるには2ターン後。

当たり前だけど3ターン目に3マナのカードをバウンスした場合でもそのカードが唱えなおされるには2ターン後になる。

これはテンポアドバンテージとしては結構大きいと思われる。

2ターン連続で土地が伸びる保証はない。例えば2マナのカードが軸になるようなデッキが4マナにまで到達するのは結構後になる。

一見ただの《分散》なんだけど、考えれば考えるほど2マナ要求が強く感じる。

《選定された平和の番人》とかと組み合わせると割とアグロは死ぬんじゃないかな???って勝手に思っている。

魂の仕切りは自分のパーマネントに使っても勿論強い。

例えば除去の対象にとられた生物を手札に戻したり、《放浪皇》を手札に戻して再キャストしたりと、やれることは多い気がする。

ウルザの祝杯のように、追放されたり、場から離れた時に誘発するカードとの相性も良い(ちょっと悠長だけどね)

何かと便利な一枚だし、見た目以上に強いカードなので、魂の仕切りはスタンだけではなくパイオニアでも使われると思われる。

こういう地味なカードが環境を動かしたりするんじゃないかな~と思っているが予想が当たるかな?

今日はこの辺で。それでは、また。