【カード評価】多元宇宙と共にについて語るよ

今回はクソデカ神話エンチャント枠の多元宇宙と共にのレビューをしてきますよ~。

多元宇宙と共にの概要・使い方

ざっくりな概要としては、《未来予知》と《全知》を足して2で割ったようなカードですね。

5マナの《未来予知》よりは重たいけれど、10マナの《全知》よりはだいぶ軽いです。

手札のカードを場に出すのではなく、ちゃんと唱えているので、試作やエルドラージ系統の誘発も狙えるのがGoodですね。

ただ、8マナは正直普通のデッキでは到達しないマナ域なので、使うためには専用の構築が必要そう。

各ターンという制限があるので、コンボデッカーとしてはちょっと使いにくい印象。

こういう中途半端なカードの場合、踏み倒してもそこまで恩恵がないので、まっとうに強いデッキに入れるべきなんだけど、こういったカードはまっとうに強いデッキには入らないというジレンマ。

まあインスタント・ソーサリーをバランスよく入れて、相手のターンにもこちらのターンにもちゃんと動けるようにするのが良いと思う。

マナの踏み倒し能力のおかげで、置いたターンに隙を見せるわけでもないので、そういったところはGoodだと思う。

ただ8マナ無いときに手札に来られても処分に困るので、やっぱ使うのは難しいだろうなという印象。

無難にEDHで使うのが一番良い気はする。

まとめ

一見派手なカードだし、実際派手なカードではあるんだけど、スタンで使うにはちょっと難しいかな~って思った。

多分EDHだとめっちゃ楽しい枠だと思う。

余談だけどカード名に「に」がついていると、タイトルが「多元宇宙と共"にに"ついて語るよ」ってなるんだなあって思った。

今回はこの辺で。それでは、また!