【カード評価】カイラの再建について語るよ

今回は地味に期待している枠である、カイラの再建についてカードレビューをしていきます。

カイラの再建の概要

種火が3マナのX呪文で、デッキトップから7枚みて3マナ以下の生物がアーティファクトをX枚馬に出せます。

カイラ・ビン・クルーグ女王本体の起動型能力をソーサリーに置き換えた形ですね。

こうやって比較してみると、本体の起動型能力よりも使い勝手の部分が向上していますね。

またカイラの再建からカイラ・ビン・クルーグ女王を持ってくることもできるので、かなり良い感じに見えます。

種火が3マナと重たいので、仮にX=2の5マナで撃ってもあまり得しないカードですが、X=3で撃つとお得な感じがあります。

言うてデッキトップから見れる枚数は変わらないので、X=3あたりが上限かな~と思います。

どちらの効果も場に出るときにアンタップ状態で出てくるので、上手いことマナファクトとか引っ張ってこれたら、もう1アクション狙えそうです。

カイラの再建の使い方

概要のパートでも書いたけど、やっぱマナファクト系統を多めに積み、ガンガン場にカードを増やしていき、ガチャガチャやっていくのが良いかな?と思います。

色マナが致命的に噛み合っていないので上手くいくかはわからないけど、《古代学者、メリア》とかで無理やりマナファクトに見立てていくか、白ベースにして、《目覚ましい修復術》とかに繋いでいくのが良いのかな~と思います。

こういうデッキ作ったことがあるんだけど、1枚当たりのカードパワーが低すぎて、ガチャガチャやっていてもうまく勝てないケースが多いんですよね。

普通にビートダウンするにはカイラの再建やカイラ・ビン・クルーグ女王も悠長なので、彼女の居場所はコンボデッキじゃないかと思っているのですが、上手い使い方があるかと聞かれると中々なかったり…。

まとめ

自分程度だとデッキレベルまでは思いつかなかったけど、可能性は感じるカードなので、なんかよい方法を見出したい。

3マナ以下の生物かアーティファクトだけで成立するコンボデッキが生まれてきたら凄いことになると思う。

このカードについてはまた改めて考えてみようと思う。

ではまた次回。それでは、また!