【カード評価】徴兵士官について語るよ

2022年11月1日

今日はアグロデッキのマナフラ受枠の、徴兵士官についてレビューしていきます。

徴兵士官

1マナ2/1というウィニー向けのスタッツで、人間・兵士という恵まれている部族持ち。

4マナで追加の戦力を持ってこれますが、これはゲーム中盤から使っていく高価ですね。

昔イニストラードに《薄暮見の徴募兵》というカードがありましたが、それのウィニーバージョンですね。

《薄暮見の徴募兵》と比較すると、徴兵士官はキャストが1マナ軽くなりましたが、その分起動型能力のコストが1重たくなり、見れる枚数とサーチ制限が増えた感じですね。

1マナ2/1と2マナ2/2では前者の方が使いやすいかな~と思います。

《薄暮見の徴募兵》は結構強いカードだった印象があるので、徴兵士官も結構強いのでは?と思います。

まとめ

レアや神話レアだけじゃなくてこういういぶし銀アンコモンも良いよね。

パイオニア目線では白単人間に内定しそうです。

こういうカードで地味に強くなっていくのが人間デッキのうらやましいところ。

発売楽しみだな~。

今日はこの辺で。それでは、また!