【カード評価】 金線使い、サヒーリについて語るよ

現代PWでアーティファクトと言えばこいつだよね的な新サヒーリのカードレビューをやっていくよ~。

金線使い、サヒーリの概要

[+1]はアーティファクトをタップできれば占術1に1ドローなので、プラス能力で使うにはかなりやばい性能。実質1.5ドローみたいなので、4マナのPWとしてはだいぶアドアドしい。

[-2]はトークン生成。ブロッカーを2体生み出せるし、後述の奥義の後なら結構やばい性能。

[-4]はアーティファクトに対するロードとメダリオン能力。エルドレインなら[-3]だった。それは冗談にしても、紋章なので破壊されないのは偉い。。

ドローとトークン生成はお馴染みの4マナPWだけど、奥義が近いのが特徴的。その分効果は控えめだけど、破壊されないロード能力とメダリオン能力はかなり強い。

金線使い、サヒーリの使い方

奥義の取り回しの良さを生かして、[+1]→[-4]の動きがすごい強い気がする。

そもそも[+1]を連打するだけでゲームが壊れていくので、その方向で使った方が面白い気はする。

幸いアーティファクトは横並びが得意なのでタップするアーティファクトには困らなさそう。

スタンでも結構な数のアーティファクトが供給されているので、[-4]で展開力と制圧力を高めていくのは結構強そう。

パイオニア以下でも使い道が多そうだけど、即内定しそうなデッキは思いつかないな。

[-4]した後に、2体目の金線使い、サヒーリを出し、[-2]と[+1]を交互に使うだけでゲームは終わりそうだけど、ちょっと悠長かな。

初代の《サヒーリ・ライ》より面白い使い方は思いつかないけれど、無難に強いPWだと思う。

まとめ

かなり丸くて強い良いPWだけど、周りのカードパワーについていけているかが不安。

兄弟戦争はカードパワーが高過ぎるので、このカードでも見劣りするのが怖い。

それにしても今回のセットに増殖メカニズムがなくてよかった。あったら大変なことになっていた。

震えながらプレビューの続きを待ちたい。

今日はこの辺で。それでは、また!