【パイオニア】《皇の声、軽脚》を軸にした白単エンチャントデッキが1tixくらいで組めるのに結構強い

今回はパイオニアの記事です。神河のドラフトにハマりにハマり、大方のカードは使ってみたのですが、中でも一番気に入ったのは《皇の声、軽脚》です。

最初にテキストを読んだとき、唱えたマナコスト未満のサーチかと思っていたんですが、よくよく読んでみると点数で見たマナコスト以下なんですよね…。

別名限定とはいえ場に出せるのはあまりに強力なので、構築でも使ってみることにしました。

サーチするオーラについてですが、《天上の鎧》一択かな~と思いました。

サーチ能力が強力なので、色々小技を仕込んであげたいところなのですが、変に小細工するよりも単体で強く、複数枚引いてしまっても強いカードを優先したいです。

あとは《皇の声、軽脚》が引けなかった時に使いやすいカードを選びたかったわけですね。

そんなこんなで作ってみたのが以下のデッキです。

生物16
《命の恵みのアルセイド》4
《希望の幻霊》4
《ニクス生まれの盾の仲間》4
《皇の声、軽脚》4

呪文8
《ケイラメトラの恩恵》4
《魅知子の真理の支配》4

オーラ17
《天上の鎧》4
《歩哨の目》3
《グリフの加護》4
《結束のカルトーシュ》2
《きらきらするすべて》4

土地19
《平地》19

デッキの大半がコモンかアンコモン。ぶっちゃけ《皇の声、軽脚》以外レアいらないので、1tixくらいでデッキが揃います…。(この記事執筆時点での《皇の声、軽脚》の価格は0.16tix。つまりほかのカードが0.01tixと仮定した場合、1tixで全部そろうのだ..)

なにせ《ニクス生まれの盾の仲間》がエースとして採用されるぐらいだからな…。つーか俺以外にこいつを構築戦で使っている奴がいるのだろうか…?見たことないぞ…

どう見てもリミテッドコモンにしか見えない《ニクス生まれの盾の仲間》ですが、実際に使ってみるとこのデッキとの嚙み合いが素晴らしいんですよね..

1マナのエンチャント・クリーチャーなので、《天上の鎧》や《魅知子の真理の支配》とも相性が良く、授与で《皇の声、軽脚》のサーチのトリガーにもなりうるので後半引いてもそれなりに仕事があります。

点数で見たマナコストは1なので、《ニクス生まれの盾の仲間》を授与しても《きらきらするすべて》をサーチすることはできません。

授与からサーチできたら化け物みたいなデッキ強度になっていたでしょうねえ。

まあそれはそれとして、《皇の声、軽脚》に《きらきらするすべて》と《天上の鎧》or《グリフの加護》をつけるムーブが反則的で最高です。

もちろん《グリフの加護》を素引きしても《天上の鎧》にも繋がるだけなので《皇の声、軽脚》マジで壊れているなあって思いました。

デッキのベースは白系のオーラデッキなので、デッキの価格もそうですが、プレイングも簡単なのでおススメです。

注意する点としては、気持ちよくなってマナをフルタップしてしまうと、アッという間に除去されて大損してしまうので、《ケイラメトラの恩恵》はちゃんと構えておきましょう…。

デッキの紹介は以上です。シンプルなデッキは説明が楽でよいですね!

今日はこの辺で。それではまた。

 

それにしても《皇の声、軽脚》のイラスト違い、めっちゃ可愛いなあ…。記念に1枚だけ買っちゃおうか…?