【SOI-KRD】やっぱり《熱病の幻視》デッキが一番楽しい!【デッキレシピあり】

【SOI-KRD】環境での《熱病の幻視》デッキ、通称赤青幻視が完成したので、メモがてらリストをアップします。

クリーチャー9
《熱錬金術師》4
《嵐追いの魔道士》4
《騒乱の歓楽者》1

呪文27
《流電砲撃》4
《焼夷流》4
《安堵の再会》2
《非実体化》2
《否認》1
《集団的抵抗》4
《癇しゃく》4
《熱病の幻視》4
《炎の鞭打ち》1
《反逆の先導者、チャンドラ》1

土地24
《尖塔断の運河》4
《さまよう噴気孔》4
《天空の滝》1
《ガイアー岬の療養所》2
《山》9
《島》4

サイドボード
《儀礼的拒否》2
《払拭》1
《否認》2
《氷の中の存在》2
《稲妻織り》2
《即時却下》1
《黄金夜の懲罰者》2
《炎の鞭打ち》2
《反逆の先導者、チャンドラ》1

運用方法はとりあえず最速で《熱錬金術師》と《熱病の幻視》を貼り、除去とバウンスでのらくら躱すのがとても大事。

コントロールデッキ、《霊気池の驚異》デッキや緑黒昂揚はお客様。アグロは《流電砲撃》の枚数がものを言いますが、ぶっちゃけしんどい。サイド後はイーブン。

ミッドレンジはそこまで厳しくないけど、青白フラッシュは割としんどい。そんな感じ。

赤青の同型は先手とった方が勝つ。なお、赤青現出には逆立ちしても勝てない。そんなデッキです。

正直《熱錬金術師》が場にいる状態で、消耗戦に持ち込むとたいてい勝てます。

メインボードではめっぽう強いデッキですが、キーカードが決まっているので、サイドボードからが本番です。

《霊気池の驚異》デッキや青白フラッシュ相手だと、カウンターの枚数とインスタントスペルの枚数がものをいうので、各種カウンターと《炎の鞭打ち》などを増やしていきます。

あまりコントロールのように早いデッキでないのであれば、第2の《熱病の幻視》こと《反逆の先導者、チャンドラ》を投入するのがおすすめです。

相手によっては《断片化》を大量に積まれる可能性があるので、それをケアして、あえて《熱病の幻視》をすべて抜くのも戦略です。

代わりのカードとして、《黄金夜の懲罰者》や《反逆の先導者、チャンドラ》がいるので、うまいこと相手のサイドボードを読み切ることが大切ですね。

確かに線の細いデッキではありますが、どのデッキに対してもそれなりに戦えるのが強みです。

気に入った人は使ってみてくださいな。

ちゃんと戦えるのに、比較的安価なのでお勧めですよ。

今日はこの辺で、それではまた。