モダンで奇跡コントロールを組めないか考えてみる

モダンで奇跡を組めないか検討してみる。奇跡を構成するのは優秀なドロースペル、デッキトップ操作、奇跡呪文になると思うので、その辺に加えて除去なども追加。

まずはいつもデッキを組むように、カードを役割別にリストアップ。

 

ドロー呪文

《秘教の思索》→ジェイスとの相性○だけど、《血清の幻視》の方が良いか

《選択》→インスタントでドローできる

《血清の幻視》→《定業》よりかみ合ってる。でも《思案》欲しい。

《先読み》→手札にたまった奇跡をどうのこうの出来る。《航路の作成》の方が良いか?

《航路の作成》→墓地が増えるよ。でもデッキに戻せる《先読み》もありか。

《時間の把握》→4枚確定枠かなー

奇跡呪文

《天使への願い》→奇跡にはこれが必須だよな

《壊滅的大潮》→どうなのかなー

《終末》→これも必須よな

《時間の熟達》→これが一番使いたいんだよなー

クリーチャー・置物

《ヴリンの神童、ジェイス》→強いけど奇跡のメリットである除去を腐らせるのはどうなのかな

《氷の中の存在》or《僧院の導師》→サイドボードに良さそう

《ダークスティールのペンダント》→《水晶球》より軽いけど占術1じゃなあ

《黄昏のピラミッド》→アモンケット期待の新戦力。占術がタップじゃなかったらなあ。

《水晶球》→重たい

除去・リセット・妨害

《未達への旅》→定番アイテム

《相殺》→独楽がないんだよなー

《機を見た援軍》→サイドボードには必須かな

《拘留の宝球》→万能除去

《至高の評決》→信頼感があるリセット。でも終末あるからいらないかな。

あとは配分を考えるだけだー。

たたき台は、ドロー12~14枚、奇跡8枚、置物4~6枚、除去・妨害8~10枚、土地24枚で行くのは決めています。

リストを考えるのはちょっと時間が経ってから。良いカードがあったら教えていただけると幸いです。

それではまた。