《悲嘆》がさらっとモダンを破壊しそうで草

《悲嘆》、本当にヤバいですよね。こんなストレートなぶっ壊れ、もはやオリカの領域。

実は私の隠れた趣味として、オリジナルの次元のカードをコツコツデザインしているのですが、そんな自分でも絶対出さないようなFuckデザイン。

最近ブリッジヴァインの強化パーツが少なくてむくれていたので、今回の《悲嘆》はめっちゃうれしいサプライズでしたね。
それはそれとして、言いたいことが。
プレビュー初日にモダン壊すな。
ホガークだって結構後半に登場したんだぞ。
もうちょっと溜めみたいのあっても良かったんじゃない?それともアレか?《悲嘆》は序の口でもっとヤバいのがどんどん供給されるってこと? ひえー。
というわけで今回は《悲嘆》の使い方について掘り下げていきますねー。

《儚い存在》

まあみんな思いつくよな。モダン1ターン目に2ハンデスされて3/2威迫残って、次のターンにもハンデスされたらゲーム終わるぞ。馬鹿か、加減しろ。

やっていいことの区別がつかないのか。

体感でもデスタク結構強くなってきてんのにさらに強くなるとか馬鹿言ってんじゃないよ。

まあこれのおかげでネオブランド解体する決意がついたわ。ありがと、ウィザーズ。

《復讐蔦》

い つ も の

自分が真っ先に思い付いたのは実はこっち。多分世界でもトップクラスに早かったんじゃないかなー。もう息をするように《復讐蔦》のこと考えてるからな。

ああ~《悲嘆》早く使いたいんじゃ~。

《縫い師への供給者》を出し、手札の《秘蔵の縫合体》とか《這い寄る恐怖》を元手に《悲嘆》だして《復讐蔦》だしたらクッソ気持ちよいだろうな~。

これは自分のアイデアじゃないんだけど、《マラキールの再誕》と組みわせるのも良いアイデアですよね。

《屍肉喰らい》とか使って《縫い師への供給者》を《マラキールの再誕》と組み合わせることもできますし割と無駄が少なそう。

あとはモダンホライゾン2で《縫い師への供給者》の別名カードがくりゃ最高なんだが…。