【パイオニア】《先祖の結集》型アリストクラッツを作ってみたけど…?

イニストラード~ラヴニカへの回帰ブロックで最も美しかったデッキは満場一致でアリストクラッツではないでしょうか?

少なくとも当時マジックを始めたばかりの私は、こんな複雑で面白そうなデッキがあるなんて夢にも思っていなかったので、大変興奮しました。

残念ながらパイオニアではイニストラードブロックは使用できないのですが、アリストクラッツの流れをくむカードは、最近のスタンダートでも存在していたので、パイオニアでも再現可能です。…たぶん。

でも残念ながら自分には完成をさせるだけの器量が無いようだ…

たたき台を作っておくので、是非だれか完成させておくれ―!

生物29
《血に染まりし勇者》4
《縫い師への供給者》4
《ズーラポートの殺し屋》4
《残酷な祝賀者》4
《カルテルの貴種》4
《異端の癒し手、リリアナ》2
《ロークスワインの元首、アヤーラ》3
《ザスリッドの屍術師》4

呪文9
《思考囲い》3
《致命的な一押し》2
《先祖の結集》4

土地22

デッキの動きを解説すると、いっぱいクリーチャーを展開する→《ズーラポートの殺し屋》または《残酷な祝賀者》が戦場に入る状態で《カルテルの貴種》で生贄に捧げる→ライフドレイン→かーらーの→《先祖の結集》で倍プッシュ

っていうことを今のところ考えています。

とまあ、こんな感じで、ご覧の通り、カードを絞り切れていません。

《ザスリッドの屍術師》使いたいけど、本当に要るのか?とか考えちゃうし…

というか、まだ採用すべきカードがたくさんある感じはする…

それが何かはわからないけど…

《大釜の使い魔》と《魔女のかまど》と《真夜中の死神》を採用したかったけど、どう考えてもスペースが足りなかった…

デッキを作るのは本当に難しいね!

何か良いアイデアがあったら作ってみてね!

それでは、また次回。