【パイオニア】《王家の跡継ぎ》と《地割れ潜み》を軸にしたイゼットダブルドローも組んだよ。

最近作ってたデッキを統合した結果、イゼットダブルドローに落ち着きそう。

要するに、昨日のホロウワンデッキからホロウワン要素を軒並み抜いた形。

もしくは、以前の《熱病の幻視》デッキから《熱病の幻視》を抜いた形。

スタンに毛が生えた程度のスペックしかないかもしれんけど、《傲慢な新生子》、《検閲》、《イゼットの魔除け》、《密輸人の回転翼機》と相性の良いカードも多いので、何とかなるんじゃないかなあー。

まあ、正直なことを言うとね、せっかく4枚揃えた《王家の跡継ぎ》を使い倒したいだけなのじゃ…。

オーコの影に隠れがちだけど、《王家の跡継ぎ》もなかなか強いと思うんだよなー。

最近の3マナプレインズウォーカーは、壊れるほど強いか、死ぬほど弱いかの両極端なカードが多い中で、珍しく中堅な性能をしていると思う。

3マナでルーティングするだけだったら流石に弱いけど、+2/0修正・先制・トランプル付与は悪くないと思う。

ルーティングの特性上、このカードを4枚採用することも合理化されるし、使い勝手が良いと思う。

奥義も設置コストと必要ターン考えるとめっちゃ強いし…。

まあ、他に強いカードが多すぎるので、このカードじゃなきゃダメ!っていうデッキはそう多くはないと思うけど、個人的にパイオニアの相棒として使い倒していきたいと思った。

というわけでデッキレシピ

17
《傲慢な新生子》4
《幽体の船乗り》3
《フェアリーの荒らし屋》3
《地割れ潜み》4
《アイレンクラッグの紅蓮術師》3

23
《稲妻の斧》1
《検閲》4
《密輸人の回転翼機》4
《イゼットの魔除け》4
《型破りな協力》4
《癇しゃく》2
《王家の跡継ぎ》4

土地20
《エンバレス城》は1枚だけ採用したいけど、マナベースに負担がなあ…

基本の動きはエルドレインで追加された、「各ターンのあなたの2枚目のカードを引くたび~」を使い倒すデッキです。

主力のクリーチャーが《幽体の船乗り》、《フェアリーの荒らし屋》なので、クロックパーミッションっぽく動けるのが一番のウリ。

まあカウンターが貧弱なので、時間稼ぎにも限度はありますが…。

ここまでやるなら青白スピリットの方が強くね?感も否めない…。

イゼットフェニックスの劣化となりがちなのも辛いところ。

ただ、《地割れ潜み》と《王家の跡継ぎ》のシナジーには期待している。

《地割れ潜み》をがっつり大きくし、《王家の跡継ぎ》のパンプとトランプルで押し通したら気持ちいと思うなー。

まあ現実には信じて送り出した《地割れ潜み》は、ターンが帰ってくる前に死んでしまうんですけどね…。

ちなみに《地割れ潜み》はクリーチャータイプがホラーなので、《氷の中の存在》に強く出られるのも良いところですねー。

なおこのデッキの致命的な問題は、《密輸人の回転翼機》が禁止されてしまうとこのデッキが瓦解することですね…

頼む、頼む…。

来週も見逃してくれー。