【パイオニア】11/5の禁止改定についてちょっとだけ語るよ

ドキドキの1回目の禁止改定は《守護フェリダー》、《豊穣の力線》、《ニッサの誓い》でしたー。

《守護フェリダー》、《豊穣の力線》までは割と個人的にも禁止筆頭候補だったのでやむなし、という気分でしたが、まとめて《ニッサの誓い》まで死ぬとは思いませんでしたね。

ウィザーズは安易な多色は制限していく方針なんでしょうねえ。

最近のプレインズウォーカーは軒並み質が上がってきているので、最初に弱体化させてくれるはある意味温情と言ったところか。

時に、次の禁止改定、何が来る感じでしょうかねえ?

今回禁止を出したということは、なんらかの禁止基準がウィザーズ側に用意されているということだと思うので、それを教えてもらえると有り難いなあと思うけど、出すのかな…。

個人的には《むかしむかし》、《密輸人の回転翼機》は近い将来BANされても文句言え無さそうな気がしますが果たして…。

軒並みトップメタをBANするのもなんだかなーと思う一方、それをしなかった結果、今のスタン環境が出来上がっているわけでもあるので複雑な心境…。

健全なメタゲームがどんな状態を指すのかは、人それぞれ違うので何とも言えないと思うけど、サイドボードによるメタの循環を待たずに禁止改定出すのは流石にヤバいかも。

不当逮捕だったカードはなるべく解禁してくれるとありがたいんだけどなー。

覚悟して作ったから不満はそこまで無いけれど、作ってから3日でコピーキャット死ぬとはな…。

あまり流用が効くパーツが多くないのでちょっと悲しい。

なんとかならんか(モダン見ながら)

なんともならんか(モダンから目を背けた)

ではまた次回。