【パイオニア】黒単デッキ、アグロで組むか?ミッドレンジで組むか?

2019年10月23日

正解は両方考えてみる、ですね。せっかくの新フォーマット、色々考えていかないと勿体ない!

とくにパイオニアの黒は他の色に比べて1枚抜けて強いので、組むなら今しかないですよー!

デッキレシピ(アグロ型)

生物26
《戦慄の放浪者》4
《墓所破り》3
《無情な死者》4
《墓地の司令官》4
《残忍な騎士》3
《呪われた者の王》3
《死の男爵》3
《戦墓の巨人》2

呪文12
《致命的な一押し》3
《思考囲い》3
《密輸人の回転翼機》4
《最後の望み、リリアナ》2

土地22
《沼》18
《ロークスワイン城》4

アグロで組むなら絶対ゾンビ型ですよねー。除去は最低限に、クロックをガンガン伸ばしていきたいです。

《密輸人の回転翼機》とゾンビカードの相性は抜群なので、安心と信頼の4枚積みです。

《残忍な騎士》はクロックにしてもよし、除去にしても良しと使い道が豊富でGood。

何気にゾンビって2マナロードがいないので、上手い事物量をぶつけて攻めていきたいですねー。

サイドや環境によっては《生命散らしのゾンビ》も入れたいところ!

このゾンビめっちゃ好きだったわ…

 

次はミッドレンジ型を考えていきましょうー。

デッキレシピ(ミッドレンジ型)

生物20
《才気ある霊基体》4
《群れネズミ》3
《残忍な騎士》4
《夜帷の死霊》3
《ゲトの裏切り者、カリタス》2
《アスフォデルの灰色商人》4

呪文16
《思考囲い》4
《闇の掌握》2
《集団的蛮行》2
《地下世界の人脈》3
《悲哀まみれ》2
《最後の望み、リリアナ》2
《エレボスの鞭》1

土地24

 

黒でミッドレンジ型を組むなら、やっぱこれでしょー!

がーっつりドレインしてやるぞー。

やっぱ単色は良いですねー。デッキを作るのに迷いが少ない。

まだデッキレシピが旧スタンっぽくなっているので、各環境の強いカードをデッキに搭載してブラッシュアップしていきたいですねー。

黒は色の特性上、エンチャントにもアーティファクトにも触れないので、緑を足したい時はありますが、それはまた別デッキで考えるとしましょう。

今日はこの辺で。

それでは、また。