働かないために頑張る

私は働くことが好きではありません。

世の中の社会人がどんな心づもりで生きているかはわかりませんが、とにかく、私は働きたくありません。

残念ながら私は大富豪でもなんでもなく、これといった資産も無いただの庶民そのものなので、生きるためには働く必要があります。

少なくとも自分と猫の生活費と、あと趣味のお金は絶対に稼がないといけません。つまり働く必要があります。

でも働きたくありません。仕方が無いから働きますが、やっぱり働きたくありません。

サラリーマンなので、仕事をこなしている雰囲気さえ醸し出していれば、お給料は発生します。

ですが、働いていないことが発覚すると職を失いかねないので、やっぱり働く必要があります。

しかも私は営業職のため、自分の活動が数字になって表れてきます。何もしていなかったら何もしていない数字が出てしまいます。

また、仮に本当に一生懸命働いていたとしても、売り上げを稼ぐことが出来ない営業マンに生きている資格はありません。

諸行無常です。なので私には頑張る以外の道がありません。

ですが、ただ頑張るのも釈然としません。

例えば、私が半年で1年分の売り上げを達成した場合、理屈の上では残りの半年は働く必要が無いように思いますが、残念ながらそんな悠長なことは会社が許しません。目標が1.5倍になるだけです。給料はそれに比例して伸びないこともお約束です。(このあたり馬鹿ですよねえ。そうなったら誰も頑張って働かないのに)

そうなることが分かっている以上、私の生存戦略としては、1年の目標を1年かけて達成する、ということです。

ですが、毎日頑張るのは却下です。

働きたくないというポリシーに反するのと、そもそも毎日頑張っていたらその頑張っていた数字が会社にとっての当たり前となり、未来の自分の首を絞めかねないので絶対だめです。

入社して2~3年は、がんがん売り上げ上げていくぞーの精神で営業をしていたのですが、ベテランと変わらない売り上げを稼いでも給料に目立った変化が見られなかったので、自分の働きたくないポリシーは貫くべきだったと後悔しました。

上記のことを考えると、最初の半年ぐらいで、1年分の売り上げ”見込み”を作り、ゆっくりと目標を消化していくのが今のところ一番強い動き方なのかな、と思っています。

会社の営業マニュアルがテレアポ・訪問件数至上主義だったのですが、それを一切無視して、上客の相手とそのネットワークをぬくぬくと育てるだけで、目標程度であれば割と何とかなることに気が付きました。

売り上げ自体はちゃんと上がっているので、今のところ誰も何も言ってこないので平和です。

のんびり名古屋観光したり、大阪観光しているだけでも、売り上げさえ上がっていれば良いのだと思います。

入社してから気づいたことなのですが、とりあえず売り上げさえ稼いでいれば、何をしていようとどこにいようと誰も気にしませんでした。

で、ここまでが前置きなのですが、マジックでも同じスタイルだなーと最近思いました。

私が好きなデッキは、パーマネントを戦場に出すために、土地からマナを払わないデッキです。

要するにドレッジやブリッジヴァインのような墓地利用デッキが大好きなのです。

単体のカードパワーを見ると、マナをちゃんと支払った呪文の方が、私が使っている呪文よりも強いのですが、墓地利用系のパーマネントは複数枚戦場に出すことが出来るので、爆発力が全く違います。

土地を伸ばして強い呪文を唱えてアドを稼いで対戦相手を倒す、という正攻法を捨て、墓地を肥やすためにすべてのリソースを割くスタイルを取っています。

何故かというと、正攻法で戦うには、カードパワーだけではなくプレイングを磨く必要があります。

例えば《精神を刻む者、ジェイス》を持っていたとしても、出すタイミング、使う能力が正しくなければ、猫に小判です。

ですが、墓地利用デッキは、爆発するかしないかの勝負で、いったん爆発すればどんなデッキであっても基本的には轢き殺すことが出来ます。(まあ色々例外はありますが、基本的には、ですね)

言葉は悪いですが、私の使っているデッキはキープ基準さえ覚えれば、誰が使っても同じような動きをして、対戦相手がどんな相手であっても勝ったり負けたりします。

何故なら基本的に相手の行動に合わせるのではなく、自分の行動に相手を付き合わせているだけだからです。そういうデッキしか使っていません。

私は勝つのは好きですが、プレイングを磨く努力は嫌いなので、ひたすらデッキの爆発力と爆発する頻度を固める改修をしています。

認めざるを得ないことですが、自分よりもプレイングが上手いプレイヤーは掃いて捨てるほどいます。

そういった猛者たちと渡り合うには、やはりアンフェアデッキが一番だと思います。

もちろんアンフェアデッキを使えば必ず勝てる、というわけではありません。

というか、メタられたらかなり苦しいデッキなので、割とストレスとの戦いなところもあります。

ああ、メタられても絶対に負けないデッキができたら良いのに!(ホガークヴァイン禁止されましたね…)

いつの日か、誰が使ってもどんな相手にも勝てるデッキを作ることが私の夢です。

普通に考えれば、ちゃんと努力してプレイングを磨き、強いトップメタを握るのが勝つためには一番の近道だと思いますが、私は仕事と同じくらい、マジックを頑張らないことを頑張っていこうと思っているので、今日も明日もデッキの改修案を考えています。

なんて自分語りをしたくなったのでこの記事を投稿しました。自分でサーバ代を払っているブログだもの。好きにさせてね。

今日はこの辺で。それでは、また。