【メモ書き】唯々諾々ブリッジあれこれ

はじめに

この記事は唯々諾々ブリッジについての簡易メモです。全国1億人の唯々諾々ブリッジプレイヤーへの共有が主な用途です。

キルターン

2~4ターン。新型は理論上1ターンも可能(出来るとは言っていな…)

有利不利(およその所感です)

有利~微有利

トロン バーン 呪禁 ホロウワン アイアンワークス ドレッジ 感染 スケープシフト カウンターカンパニー

普通

親和 ストーム リビングエンド ランタン ソウルシスターズ グリセルシュート

不利~微不利

人間 マルドゥパイロマンサー グリクシスデスシャドウ むかつき

無理

ジェスカイコントロール 青白コントロール ジャンド ブルームーン プリズン フェアリー スピリット デス&タックス

有利の方が少ねーじゃねーか というツッコミがが脳内を駆け巡ったが見なかったことにする。

感覚的に、ハンデス・カウンターが無いデッキにはめっぽう強い。あるデッキにはナメクジのほうがマシという極端なデッキでした。

気を付けないといけないこと

墓地対策

墓地への依存度が低そうに見えて地味に高い。割とデッキの強さの半分くらいは《黄泉からの橋》がになっている。こいつがいないとコンボルートもビードダウンルートもめっちゃ貧弱になってしまう。

セルフライブラリーアウト

リアルだとなかなか無いと思いますが、MOだと手なりて打ってミスクリックからの自殺もあるので要注意。

プランの切り替え

基本的にはコンボの感想を目指しますが、場合によってはビートダウンしたほうが強い時もある。《ゴブリンの奇襲隊》を大事に使って相手のライフを詰め切ってあげよう。ビートダウンのときは《起源室》を置くべきなのかちゃんと考えよう。

《唯々+諾々》の打つタイミング

《傲慢な新生子》で《黄泉からの橋》を捨てる前に、必ず《唯々+諾々》を打とう。

《きらめく願い》の選択先

基本的には《唯々+諾々》で良いと思います。橋やチャリス置いてくる相手はちょっと違うかも。

マリガン基準

・《黄泉からの橋》を捨てられる状態である or 《唯々+諾々》または《きらめく願い》が手札にある

・土地が1枚以上ある

この2つは出来る限り徹底しよう。《黄泉からの橋》を捨てられるのであれば、とりあえず何とかビートダウンは成立する。《唯々+諾々》が唱えられれば、コンボは指導できる。

コンボの完走について

コンボを完走するのは勝利条件ではありません。大事なのは相手のライフを0にすることです。そのため、無理にコンボをつなげるよりは、一定の展開が完了したら、一度打ち切るのも手です。(相手のデッキに合わせて考えよう)

追記:事故について

一番大事なことを書き忘れていた。ドブンコンボデッキの宿命として、土地事故等は頻発するので、くじけない強い心を持つか、安定感のあるデッキに作り替えた方が良いかもです。

まとめ

ざっと思いつく限り書いてみた。今後しばらくは唯々諾々ブリッジを使っていく予定なので、追記する時が来るかも。

今日はこの辺で。それでは、また。