《狡猾な漂流者、ジェイス》を《航空船の略取者》と組み合わせたら強いのでは?

個人的なイクサランイチオシのカード。

今回は《狡猾な漂流者、ジェイス》を掘り下げていきますよ。

3マナジェイスとしては2枚目の《狡猾な漂流者、ジェイス》ですが、今までのジェイスとはちょっと毛並みが違う仕上がりです。

ライブラリーを破壊したり、パワーを下げたり、手札を増やしたり、バウンスすることはできません。

しかし、この発想はなかったなーという奥義がとってもジェイスらしいのでお気に入りです。

まずは能力から見ていきましょう。

[+1]はクリーチャーにサボタージュのルーター能力付与、[-2]はデメリット持ちとは言え2/2のトークン生成、[-5]はなんとジェイスそのもののコピーを出すというおもしろ奥義ですね。

基本的にクリーチャーがいることが前提なので、回避能力持ちの低コストクリーチャと組み合わせるのがセオリーですかね。

ジェイスとしては初のトークン生成ですが、トークン事態はべらぼうに強い!というわけではないので、[+1]を使うために割り切ったほうが強そうです。

このジェイスはまずは奥義を狙うのが定石のような印象があります。

というより、1体目のジェイスは、以下に素早く奥義を打てるかが肝心な気がします。

そういうわけで相方となる2マナ以下の回避能力持ちクリーチャですが、まず間違いなく《航空船の略取者》と組み合わせたいところですね。

2ターン目に《航空船の略取者》を唱え、3ターン目に《狡猾な漂流者、ジェイス》を唱え[+1]を打って打点が通れば、なんとびっくり次のターンには奥義です。

あとは色の組み合わせですが、《順風》を使うのであれば《サヒーリ・ライ》、《つむじ風の巨匠》を使うことができる赤と組み合わせると強そうですね。

海賊シナジーを意識するのであれば、さらに黒を足し《鉄面提督ベケット》や《不吉な旗艦》が使えるグリクシスにしても良さそうです。

今回の4部族の中では一番海賊が面白そうだなーっていう印象なので、どうにか使ってみたいところ。

その軸になるのが今回のジェイスなんじゃないかなーって思っています。

まだまだ方向性は未定ですが、イクサランも面白いカードが多くてワクワクしますねえ。

デッキにするのはまた今度。今日はこの辺で。

それでは、また。

 


PAGE TOP