【イクサラン】恐竜デッキを組むために《不屈の神ロナス》と《試練を超えた者、サムト》を揃えておく必要がありそうな件

イクサランのカードリストが公開されて3日目です。ざっと見た感じ、基本セットの延長線のような印象のパックになりそうです。

能力はシンプルでわかりやすく、カードの効果も複雑さがあまりない代わりにカードパワーも控えめです。

下の環境でも使えそうなサイドボードカードが多いのもいいですね。

スタン視点で見てみるとカラデシュとのシナジーが薄いですが、アモンケットとなら組み合わせやすそうですね。

とりあえず買っておこうかなーというカードは後日まとめるとして、今回は恐竜デッキにフォーカスを当てて掘り下げて見ようと思います。

恐竜はイクサランで追加された部族で、大型寄りのクリーチャー群です。

比較的マナレシオが高く、何枚かは激昂というキーワードを持っています。

《切り裂き顎の猛竜》とか結構強そうですよね。

これはダメージを受けた際に何らかのメリットがある効果ですが、能動的に行うのは少し難しそうです。

お手軽に激昂を達成させるには、発売2週間で200円を割ったと言われている《試練を超えた者、サムト》あたりがちょうどいいのかなーなんて思います。

また、回避能力に乏しいクリーチャーが多いので、《不屈の神ロナス》などでトランプルを付与してあげると良さそうですね。

個人的には《ロナスの碑》あたりも入れていいかなーと思っていはるのですが、難しいですかね…?

個人的には緑と赤の恐竜は、レアのやつなら何でも強い印象です。

このあたりは殺意が高くていいですね。

《殺戮の暴君》を《試練を超えた者、サムト》の[+1]で二段攻撃付与してイージーウィンしたいですねぇ…

恐竜は直線的なカードが多いので、うまいことサポートしてあげたいですね。

とりあえずはこの辺で。


PAGE TOP