【モダン】黄泉橋型ホロウヴァインの新パッケージの紹介【苛立たしい小悪魔】

調整は終了と言ったな。あれは嘘だ。

こいつを見てくれ。

生物35
《歩行バリスタ》2
《果てしなきもの》2
《炎刃の達人》4
《傲慢な新生子》4
《苛立たしい小悪魔》4
《内炎の見習い》2
《猿人の指導霊》2
《復讐蔦》4
《瓦礫帯のマーカ》3
《通りの悪霊》4
《虚ろな者》4

呪文12
《燃え立つ調査》4
《信仰無き物あさり》4
《黄泉からの橋》4

土地13

見ての通り新型で。なんと唱えるマナ域は全て1か0。

墓地対策されたらどうしよう問題は、赤黒ホロウワンの大エース、《炎刃の達人》が解決してくれる予定。

まだ使っていないので使用感は未定。《猿人の指導霊》がいるにしても土地を切り詰めすぎている気がする。どうせ《未達への旅》を打たれまくるので良いような気もする。

初期型からの変更点は、《炎刃の達人》、《苛立たしい小悪魔》、《内炎の見習い》、《瓦礫帯のマーカ》の投入。

果てして本当に強いかどうかは未定だが、次はこれで試合にもぐる。

よろしくな。

《内炎の見習い》は《復讐蔦》と《黄泉からの橋》との相性がグッド。

《苛立たしい小悪魔》も同じく。

《瓦礫帯のマーカ》は《炎刃の達人》と《虚ろな者》との相性の良さ、このデッキの突破力のなさを補ってくれるはず。

まあ回してみないと何とも言えないね。

今日はこの辺で。

それでは、また。