《隠れた薬草医》で先手2ターンキルできる安価モダンデッキ

2018年2月3日

モダマス3も出ることなので、今日は安価で組めてなおかつ強いモダンデッキ、というのを一つ考えてみましょうか。

まあ格安ってほど切り詰めることはなく、ある程度の強さも優先して組んでみますかね。

今日は霊気紛争にて収録された《隠れた薬草医》に注目してデッキを組んでいきたいと思います。

表題の通り、今回は2ターンキルを狙っていきます。

デッキレシピ

生物30
《実験体》4
《ナーナムの改革派》4
《隠れた薬草医》4
《炎樹族の使者》4
《火打ち蹄の猪》3
《猿人の指導霊》4
《無謀な奇襲隊》4
《ゴーア族の暴行者》3

呪文14
《稲妻》4
《溶岩の打ち込み》4
《壊滅的な召喚》2
《アタルカの命令》4

土地16
フェッチ8
ショックランド2
《森》4
《山》2

1ターン目に《猿人の指導霊》とフェッチランドから土地を出し、《隠れた薬草医》、《炎樹族の使者》、《無謀な奇襲隊》で8点。

2ターン目に土地置いて《アタルカの命令》とフルパンチでちょうど20点というぶん回り。

流石に2ターンキルできるモダンのデッキってなかなか無いと思うんですがどうでしょう?

もちろん最速を狙わなくとも、ZOOとバーンを足して2で割ったようなデッキなので、最速で無くとも3~4ターンでケリがつきます。

息が切れてきても、8枚積んだバーンカードをトップ解決することもできるかもしれません。

ちなみに改良案を上げていくのであれば、やはり《ゴブリンの先達》は必須ですね。

入れてしまうと格安デッキではなくなってしまいますが、《ゴブリンの先達》はモダンだけじゃなくてレガシーでも遊べる良いカードなので、どこかのタイミングで揃えてしまうのも悪くないですね。

それか最速ルートの安定感を上げるために、《魔力変》を入れるのもありかもしれませんね。

モダンって聞くとなんだか敷居が高いと感じられてしまうかと思いますが、実際はスタンを追っかけていくより遥かに安価で遊べますし、メタは混沌としていてとっても楽しいので、是非遊んでみてくださいね。

今日はこの辺で。それでは、また。

追記

Twitterにてこの世界のナはざきもさん(@MOMAMOMA2010)さんから、

という意見をいただきました。

というわけでデッキレシピの若干の書き直しです。

生物28
《実験体》4
《野生のナカティル》4
《マイアの超越種》4
《隠れた薬草医》4
《炎樹族の使者》4
《無謀な奇襲隊》4
《猿人の指導霊》4
《ゴーア族の暴行者》2

呪文16
《稲妻》4
《壊滅的な召喚》2
《魔力編》4
《アタルカの命令》4

土地16
《樹木茂る山麓》4
《吹きさらしの荒野》4
《踏み鳴らされる地》4
《寺院の庭》4

でどうでしょう?

通称メカタルモゴイフの《マイアの超越種》が入れば、たしかにサイズで競り負けることはなさそうですし、《魔力変》のお陰でコンボの安定感も上がります。

メカタルモ先輩

これはいいアイデアをいただきました。

ありがとうございます!

ちなみに、一人回し用のテスターも下記ページに用意してみたので、暇な方はどうぞ。

http://teamys.net/top/deckall.php/MODERN/1/1307879/

更に追記

土地の枚数ですが16のままですが、フェッチランドは8から10枚に増やしたほうが良いです(格安とは)

そうなるとショックランド3、基本土地3って感じですかね。なんてこったい。

まあ、安価なデッキでも土地だけは妥協しちゃいけないので…

2018年2月に追記

一周年ということで、アップデートした今の姿を掲載しました。