忘れられた作品+スフィンクスの後見の相性がまじやばい

先日の記事で氷の中の存在を4枚積んだ赤青マッドネスデッキを取り上げたが、それを見てる最中ひらめくものがあった。

《紅蓮術師のゴーグル》を使ったドロー呪文コピーは圧倒的だった。《マグマの洞察力》が4ドローとか何かのギャグかと。

今回取り上げたいのは、イニストラードを覆う影、全然潜伏してないじゃん部門優勝の《忘れられた作品》。

手札そうとっかえをマッドネスだけに使うのはあまりにももったいない。

これだけ”カードを引ける”のであれば、組み合わせるカードはただひとつ。そう、《スフィンクスの後見》だ。

イニストラードを覆う影が発売される前のスタンでも、赤青後見デッキは一定の結果を残していたが、今回加わったカードを合わせると、さらに恐ろしくなることは保証する。

Forgotten Creation / 忘れられた作品 (3)(青)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ホラー(Horror)

潜伏(このクリーチャーは、これより大きなパワーを持つクリーチャーによってはブロックされない。)
あなたのアップキープの開始時に、あなたはあなたの手札にあるカードをすべて捨ててもよい。そうしたなら、その枚数に等しい枚数のカードを引く。

3/3

Sphinx’s Tutelage / スフィンクスの後見 (2)(青)
エンチャント

あなたがカードを1枚引くたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から2枚のカードを自分の墓地に置く。それら2枚がともに土地でないカードであり共通の色を持つなら、この手順を繰り返す。
(5)(青):カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。

なにが一番偉いかって、《忘れられた作品》のクリーチャータイプはホラーなんだよね。

序盤の壁、中盤のプレッシャー、後半のフィニッシャーこと《氷の中の存在》の裏面能力は、「ホラーでないクリーチャーをすべてバウンスする」なので、忘れられた作品が巻き添えでバウンスされることはない。

《氷の中の存在》 《目覚めた恐怖》

 

 

 

 

 

 

 

《氷の中の存在》と《忘れられた作品 》の相性は言わずもがなだが、マジックオリジンにもう一枚、《氷の中の存在》と組み合わせたいものがある。

《テレパスの才能》

 

 

 

 

 

 

 

じゃん。テレパスの才能。魔巧達成していれば、《氷の中の存在》から最大3個の氷カウンターを取除くことができるって書いてあるカード。しかもデッキを7枚削れる。

これは採用するっきゃ無いよね。

あとは《ヴリンの神童、ジェイス》と各種赤のドロー・除去呪文をぱぱっと入れたら終わりだねえ。いやあ、ジェイス持っていれば組むのになあ。。。