《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を絶対倒すカードまとめ

2017年1月9日

「現在のスタン環境を支配しているカードってなんだろう」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは《密輸人の回転翼機》です。

しかしあれはあくまでもルーター兼中盤までのクリーチャー。無色でコストも軽いので、正直使い得なところもありますが、対処方法(リンク先はまとめ記事)がごまんとあります。

《密輸人の回転翼機》を処理できなかったからと言って、即負けにつながるか、といえばそういうわけでもないので、のらくら躱しながら除去を狙っていっても問題ないかなって印象です。

問題は、こいつです。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》。《密輸人の回転翼機》と違って色がついているため、使えるデッキは限られていますが、どう見ても今までの4マナのプレインズウォーカーの中では最強クラス。

アグロのマナカーブの頂点に君臨したり、ミッドレンジの中核を成したり、コントロールのフィニッシャーを兼ねたりと八面六臂の大活躍。

能力については…わざわざ書くまでもないですかね。それぐらいお目にかかることが多いカードです。

今日は最強クラスのプレインズウォーカー、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を絶対に屠るカードをまとめていきたいなと思います。

例のごとく、コメントやツイッターのリプライでご意見等お待ちしておりますので、そちらもよろしくお願いいたします。

《炎の鞭打ち》

%e3%80%8a%e7%82%8e%e3%81%ae%e9%9e%ad%e6%89%93%e3%81%a1%e3%80%8b

チャンドラのプレインズウォーカーデッキのみに収録されているという、コモンの割には入手難易度が高いカード。インスタントタイミングでプレイヤーかクリーチャーに4点というシンプルなものですが、実はこんなシンプルな呪文が現スタンにないという不具合。《宿命の決着》使っている場合じゃないね。

同盟者トークンはしょうがないにせよ、とりあえず[0]能力から入ったギデオンを倒せるのは魅力。

赤青幻視にとっては割と重要なカードじゃないでしょうか。

ちなみにAmazonで検索したら、単品だともう売っていないという事実。ちょっと困った…。

《集団的抵抗》

《集団的抵抗》

赤でギデオンをどうにかするカードが《黄金夜の懲罰者》くらいしかなかったので、おまけ的掲載。看板に偽りありですよ!

残念ながらギデオンは処理できないんですが、同盟者トークンの処理とギデオンの忠誠度をごっそり削れる。《熱錬金術師》などと一緒に使えば、まあ、最低限の活躍はする。

というより、今の赤いカードでギデオンをどうにかするのはしんどい。本体火力がかなり弱くなっているのが追い打ちをかけてくる。《かき立てる炎》とか《極上の炎技》とか《アタルカの命令》とか《ボロスの魔除け》が恋しいですな。

《性急な悪魔》

ac20baeb

@daichih19800214さんと、コメント欄の思考停止さんからのグッドなアドバイス。トークンもろともギデオンを倒せるうえ、戦力としてもそこそこの悪魔くん。

ギデオン相手じゃなくても、例えば《呪文捕らえ》や《氷の中の存在》なのような、ブロックしてきてほしいクリーチャーを倒しに行ける不確定除去としても優秀。

素敵なアドバイス、ありがとうございました!

《隔離の場》

%e3%80%8a%e9%9a%94%e9%9b%a2%e3%81%ae%e5%a0%b4%e3%80%8b

誠に悲しい話をすると、白いカードでギデオンを確実に処理できるカードは《隔離の場》しか無い可能性…。

好んで使いたいカードの類じゃないけれど、一応大抵のパーマネントを処理できるので入れてもいいんじゃないですかね。(投げやり)

クリーチャー化していれば《停滞の罠》等で対応できますが、相手に依存するのでちょっと難しいですね。

《否認》

negate

《否認》は重要。原点にして頂点。

《押し潰す触手》

 

20160109_6f6613

カウンター呪文の弱点は、うっかり通ってしまったら為すすべがないところ。というわけで”土地でないパーマネントをオーナーの手札に戻す”という万能バウンス、《押し潰す触手》。《霊気貯蔵器》デッキでは大活躍の一枚。《呪文捕らえ》に引っかからにのが本当に好き。

《月への封印》
《月への封印》

相手にマナソースを献上してしまうけど、クリーチャーにも飛ばせる万能除去。使わない手はない。

《精神背信》

%e3%80%8a%e7%b2%be%e7%a5%9e%e8%83%8c%e4%bf%a1%e3%80%8b

黒のパーマネント対策といえばハンデス。ハンデスと言えば《強迫》…ってスタン落ちしてるー!

というわけで《精神背信》。脅迫と違ってクリーチャーも叩き落せるうえ、追放するので《金属製の巨像》などにも有効。渋い一枚。

プロツアーで八十岡選手がこれで相手の手札を見たときに、ギデオンをノータイムで追放したのは面白かったですね。

《破滅の道》

%e3%80%8a%e7%a0%b4%e6%bb%85%e3%81%ae%e9%81%93%e3%80%8b

ソーサリーになった代わりに覚醒がついた《英雄の破滅》。インスタントタイミングで打てないため、《密輸人の回転翼機》などに無力なのが致命的。《奔流の機械巨人》でも使いまわせない。悲しい。それでも使うしかない。

《餌食》

%e3%80%8a%e9%a4%8c%e9%a3%9f%e3%80%8b

というわけでインスタントタイミングで処理できるカード。問題は昂揚を達成していないとやや使いにくいのがネック。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》が単騎で降りてきたら、トークン生成の能力解決前にスタックに積もう。

トランプルで殴ろう!

多色

《苦渋の破棄》

%e3%80%8a%e8%8b%a6%e6%b8%8b%e3%81%ae%e7%a0%b4%e6%a3%84%e3%80%8b

とりあえず無難な一枚。色がかぶってしまっていたので、掲載はしませんが、《死の宿敵、ソリン》とかでもいいですね。

《呪文捕らえ》

%e3%80%8a%e5%91%aa%e6%96%87%e6%8d%95%e3%82%89%e3%81%88%e3%80%8b

はい、本命。今巷ではやりの青白フラッシュで中核の一枚。クロックパーミのお手本みたいなカード。ぜひ使いたいですね。

ギデオンを捉えた後は、ちくちくこいつで殴っていきたいところ。

まとめ

調べてみて思ったんですが、やっぱり対処できるカードが少ないですね。

対処を誤ればそのままゲームが終わるのに、対処できるカードが少ないってのは厳しいところ。

緑に至っては何も思いつかなかったし…。

いっそこっちが使ってやるぜ!とおもったんですが、 競技レベルでの採用率を考えると、割と禁止ラインに足を踏み入れているので、ちょっと買うのもためらうところ。

まだまだ上記まとめは未完成だと思うので、良いカードをご存知の方は、是非コメントやリプライをくださいな。

今日はこの辺で。

それでは、また。