《霊気池の驚異》と《金属製の巨像》のハイブリットデッキはありじゃないか?

2017年1月9日

ゲームデーに合わせて結構たくさんのデッキを試作したんだけれど、どれもこれもうまくいかないというか、ビックリドッキリ感が足りないというか。

「こいつと戦い抜きたい!」っていうデッキがなかなか決まらなかったんですよね。

《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を4ターン目に出すムーブがやりたいから、《霊気池の驚異》デッキを組みたかったんですが、やっぱりメタられかたが尋常ないだろうし…。《霊気池の驚異》を落とされてしまったら、機能不全に陥ること間違いないですし…

同タイミングで《金属製の巨像》デッキも考えていたんですが、《金属製の巨像》を追放カウンター食らうと勝ち筋がほとんどなくなるのもなんだかなーと。

そこで思ったんですが、相手のカウンターの枚数を上回るマストカウンターを叩きつける悪斬理論の応用で、《霊気池の驚異》デッキと《金属製の巨像》デッキを組み合わせるのはどうですかね

仮にエネルギーカウンターがたまっていない状態の《霊気池の驚異》が場にあっても、《金属製の巨像》のコストを4も減らしてくれますし、《霊気池の驚異》から《金属製の巨像》をめくることもできますし、《金属製の巨像》の墓地からの効果で、無理矢理《霊気池の驚異》のエネルギーをためることができます。(生贄でパーマネントが墓地に落ちるため…)

ということから、割と2枚の組み合わせは悪くないんじゃないかなって思うんですが、どうでしょう。

とりあえず、レシピは書いてみました。

クリーチャー12
《導路の召使い》4
《焼却の機械巨人》1
《金属製の巨像》4
《絶え間ない飢餓、ウラモグ》2
《約束された終末、エムラクール》1

アーティファクト19
《予言のプリズム》3
《ガラス吹き工の組細工》3
《織木師の組細工》3
《耕作者の荷馬車》3
《面晶体の記録庫》3
《霊気池の驚異》4

呪文・エンチャント7
《霊気との調和》3
《霊気溶融》2
《蓄霊稲妻》2

土地22
《霊気拠点》4
《植物の聖域》4
《尖塔断の運河》4
《ウギンの聖域》4
《発明博覧会》1
《森》4
《島》1
《山》1

サイドボード候補
《光輝の炎》3
《否認》4
《儀礼的拒否》3
《蓄霊稲妻》2
《自然のままに》3

ざっとこんな感じです。プロツアーの結果を経て、かなりコントロールも隆盛しそうなのが怖いところ。

土地22はちょっと攻めすぎか。でも《霊気との調和》が3枚入っているから、実質土地25みたいなもんだけどね。

占術もできるし、一人回ししてる分にはそれなりの安定感。

とはいえ、従来のデッキを2つごちゃまぜにしたため、価値手段が増えたが、防御力がかなり下がってるのがなお怖い。

アグロにもコントロールにも弱そうなイメージがあってちょっと不安。

ゲームデーまで時間がないから、なんとかせんとなー。誰か意見をくださいなー。

今日はこの辺で。

それでは、また。