《霊気池の驚異》のサンプルデッキ(青緑)を考えてみました。

2017年1月9日

前回の4ターン目にウラモグを唱える記事をレシピにしてみました。

巷ではティムール型が主流らしい?ですが、個人的には3色以上のデッキは得意じゃないので、青と緑で抑えています。

とりあえずレシピからどうぞ。

青緑《霊気池の驚異》デッキ

creature(16)
《導路の召使い》4
《理論霊気学者》4
《獣性を築く者》4
《世界を壊すもの》1
《絶え間ない飢餓、ウラモグ》2
《約束された終末、エムラクール》

other(21)
《霊気との調和》4
《ガラス吹き工の組細工》3
《織木師の組細工》3
《霊気池の驚異》4
《霊気溶融》3
《慮外な押収》3
《秘密の解明者、ジェイス》1

land(23)
《進化する未開地》4
《霊気拠点》4
《植物の聖域》4
《伐採地の滝》3
《発明博覧会》1
《森》4
《島》3

side(15)
《儀礼的拒否》3
《非実体化》3
《金線の使い魔》3
《革命的拒絶》3
《否認》3

この手のコンボデッキ、組むのであればオールインワンで最速を狙いたいのがジョニーの性。

今のスタンには《霊気池の驚異》を妨害する手段が殆ど無いので、とりあえず出しちゃえ大作戦。

最悪《霊気池の驚異》が引けなくても、《獣性を築く者》がトークンをガンガン出してどーにかしてくれる予定。

青緑というカラーなので、妨害カードが少ないですが、そこはまあ、カードパワーでカバーしたいところ。

こちらも組んでから色々考えてみたいですね。

特にアタリのフィニッシャーの枚数が若干少ないので、ちょくちょく修正していきたいところ。

とりあえず回してみてから考えます。

あー、《渦まく知識》があれば、このデッキめちゃくちゃ強いのになー。とはいえレガシーだとちょっとパワー不足。

2~3マナでもいいから《渦まく知識》の類似カード出ないかなー。

そんなわけで今日はこの辺で。それでは、また