《霊気池の驚異》を使って4ターン目に《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を”唱える”方法

2017年1月9日

スポイラー初日に公開されたこのカード、実はフルスポイラー出るまで記事にするのを我慢してました。

なにせエネルギーカウンターというのが完全に未知数だったので、フルスポイラー見ないとカードの強さを正確に把握できないという懸念があったんですよね。

個人的にはこの手のマナ踏み倒し系カードが大好きなので、スポイラー中盤戦で、あーだこーだ書きたかったのですが、自制心が頑張ってくれました。

前置きはそれくらいにして、とりあえず色々考えてみたので見ていってくださいな。

というわけで満を持してまとめていきます。

%e9%9c%8a%e6%b0%97%e6%b1%a0%e3%81%ae%e8%a3%85%e7%bd%aeまずはコスト。4マナで他のカードが無いと文鎮レベルというはやや難しいですね。

そんでもって伝説のアーティファクトっていうのも難しい。これさえなければ色々悪さできそうだったんですが、それはまあしょうがない。

明らかに調整として伝説のアーティファクトになっている感じは否めないですね。

…明らかに調整されて伝説になっているということは、つまり効果自体はめちゃんこ強いのでは?(帰納的推理)

次に起動能力です。エネルギーカウンターを6つとタップが必要ですね。

正直最初にスポイラーで見たとき、「いやいや6つなんてとても貯まりませんよ」なんて思っていたんですが、フルスポイラーが出た今、青いカードなどであれば、あっさり達成できてしまいそうなのが怖いところ。

例えばこれ、《ガラス吹き工の組細工》。

%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9出て(E)(E)と占術2、生贄で(E)(E)と占術2。

合計エネルギーカウンター4つと占術4ができるわけですが、それだけデッキ操作ができれば、《霊気池の驚異》の起動もかんたんです。

というか、《霊気池の驚異》の誘発効果で《ガラス吹き工の組細工》が墓地に落ちたとき(E)を得ているので、《進化する未開地》などを使っていれば、あっという間に《霊気池の驚異》を起動することも可能です。

それ以外にも、青いカードであれば、《理論霊気学者》もおすすめです。

%e7%90%86%e8%ab%96%e9%9c%8a%e6%b0%97%e5%ad%a6%e8%80%85CIPでエネルギーカウンター3つと大盤振る舞いです。起動能力の占術も使いやすいですし2マナ1/3という最低限壁になりうる性能はやってくれそうな印象です。

あとはドローソースの《天才の片鱗》もグレートですね。

%e5%a4%a9%e6%89%8d%e3%81%ae%e7%89%87%e9%b1%97占術2の後にドローのインスタントって、《骨読み》とは何だったのかってくらいの性能。しかもエネルギーカウンターが2つ付いてくる。

インスタントで使い勝手の良さそうな呪文なので、青い機械巨人である、《奔流の機械巨人》との相性も良さそうですね。

というか今回どんだけ占術するんじゃい、ってくらい占術のカードが多いですね。

占術は運の要素がぐぐんと減っていくので、やや上級者向けのイメージの能力でしたが、まあわかりやすいっちゃわかりやすので、これだけ多用されるのも納得です。

青いカード以外だと赤と緑がエネルギーカウンターを多用するイメージですが、特に緑は良いですね。能動的に使えるカードが多い。

例えば《霊気との調和》はグッドですね。

%e3%80%8a%e9%9c%8a%e6%b0%97%e3%81%a8%e3%81%ae%e8%aa%bf%e5%92%8c%e3%80%8b《ウルヴェンワルド横断》の高揚効果がなくなった土地サーチですね。おまけだけでも十分な強さなので結構やってくれそうです。デッキのスロットをある程度節約できるのもいいですね。

あとマナクリーチャーにもなりうる《導路の召使い》も素敵です。

%e3%80%8a%e5%b0%8e%e8%b7%af%e3%81%ae%e5%8f%ac%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%80%8bエネルギーカウンターを使うことでマナクリーチャーにもなりますし、本体が2マナ2/2という最低限のスペックってのが良いですね。近年出たマナクリーチャーの中ではトップレベルの使いやすさを誇ってくれそうです。

とまあ、こんな具合に、エネルギーカウンターを手に入れることには困らなそうですね。

で、問題の、”何を出すか”です。《霊気池の驚異》は「マナコストを支払うことなく唱えても良い」なので、唱えることは唱えているんですね。

つまり何を言いたいかといいますと、エルドラージのキャスト誘発がちゃんど発動できるんですよね。

踏み倒し系だどああいった効果が使えないことが多いんですが、《霊気池の驚異》は違います。やってくれる子です。

例えば《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を唱えれば、相手のパーマネントは2つもオサラバですし、《約束された終末、エムラクール》で相手を恐怖のどん底に陥れてもいいです。

素晴らしい。素晴らしすぎるぞ《霊気池の驚異》。ちゃんと回れば4ターン目に《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を”唱える”ことができるんですね。

1t:《霊気との調和》→2t:《ガラス吹き工の組細工》→3t:《ガラス吹き工の組細工》起動→4t:《霊気池の驚異》。

完璧ですね、完璧すぎる。この間に占術4が入っているので、ほぼほぼ好きなことができるでしょう。

次組むデッキは決まりですね。楽しみです。

長くなってしまいましたが今日はこの辺で。それでは、また。