《流城の密教信者》は《予言の炎語り》の二の舞いとなるか

君は《予言の炎語り》というカードをご存知だろうか。ニクスへの旅で収録された神話レアのクリーチャーだ。

Prophetic Flamespeaker / 予言の炎語り (1)(赤)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

二段攻撃、トランプル
予言の炎語りがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。このターン、あなたはそれをプレイしてもよい。

1/3

このカードは全くというほどではないが、ろくにスタンで活躍しないままローテーションを迎えてしまったカードだ。

二段攻撃のおかげで山札のトップを使える《ケラル砦の修道院長》的な効果が2回誘発するのが強みだが、このカードを満足に使うデッキは最後まで現れなかった。

二段攻撃に、トランプル。なんていうかオーバーキルの塊みたいな構成だと言うのに、このカードは最後まで活躍しきれなかった。

理由は低いパワーのせいで、そもそも打点が通らなかったのが問題だった。

では、これと同じマナ域、似たような効果を持つ《流城の密教信者》はどうだろうか。

Stromkirk Occultist / 流城の密教信者 (2)(赤)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) ホラー(Horror)

トランプル
流城の密教信者がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。ターン終了時まで、あなたはそのカードをプレイしてもよい。
マッドネス(1)(赤)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)

3/2

《予言の炎語り》と違い、二段攻撃とタフネスを失った代わりに、マッドネスと高いパワーを得た。正直なところ、純粋な打点だけ見れば予言の炎語りを上回っている。

しかしタフネスが下がってしまったため、このカードはほとんど相打ちに終わってしまうだろう。

せっかくマッドネスがついて入るが、優秀な共鳴者がいない以上、無視してもいいだろう。

というかマッドネス使いにくすぎてな。再録の《癇しゃく》くらいしかプレアブルじゃないのってどうなの…?

ビルダーとしてはマッドネスデッキでかんばりたいところだったけど、逆風が強すぎてそれどころかじゃない。

話がそれてしまった。

とりあえず直感ではこのカードは弱いと思う。スピリットや人間と違い、吸血鬼はいまいち部族が組みにくいので、自分の力量ではこのカードを活躍することはできなさそうだ。

吸血鬼専用の装備品とかあれば話は変わったんだけどな…。

弱いという結論で終わってしまったらこの記事の存在価値が特に無いので、あえて強い点を上げるとするならば、シングルシンボルなので吸血鬼デッキに入れやすいってところでしょうか。

どうせ死んでしまうのがわかっているのなら、《異世界の発露》とかで無理矢理打点を通しながらアドを稼ぐというのもありかもしれませんね。

ああ、カラデシュで使いやすい共鳴者が出てくるといいなあ。

同じマナ域のサリアちゃんと比べると絶望したくなるこのカード、なんとかしてトーナメントで見られたら嬉しいな。

今日はこの辺で。なにかおもしろい使い方をご存知のかたは、@iCtomoeにまでリプライ下さいな。

それでは、また。