【MTG】不屈の追跡者はもっと評価されるべき

2016年4月9日

イニストラードを覆う影のもっと評価されるべき枠、不屈の追跡者。

3マナ3/2と素のステータスは若干控えめだが、今後の土地セットすべてにキャントリップもどきが付くびっくり人間。

それだけでも強力すぎるのに、手がかりトークンを生け贄に捧げるたびに大きくなるので、リソースの回復兼フィニッシャーになりうる。

この性能で伝説じゃないなんて恐れ入る。だって不屈の追跡者が2体並んでいたらえらいこっちゃですよ。

つよい。フェッチがなくて本当に良かった。というか下手な上陸クリーチャーより上陸したいクリーチャーな気がする。

そんな不屈の追跡者の主な使いみちはたぶん2つ。

  1. 撤退サイクルや上陸能力と併用してぶいぶい言わせちゃうランプ型。
  2. 3マナの人間ということを活かし、集合した中隊からサリアの副官と一緒に相手のエンド時に飛び出るアグロ型。

なかでも個人的に使っていきたいのは1番の撤退サイクルデッキ。

土地守、緑撤退、黒撤退、ギドラグ、ウルヴェンワルドのハイドラのシナジーをうまく生かして押し切るデッキなんて面白いと思う。

ニッサの復興と爆発的植生のような土地サーチカードをガンガンだし、黒撤退のドレイン出来たら強いと思う。

撤退サイクルを生かす方向なので、あくまで不屈の追跡者はサポート枠になってしまうが、野生生まれのディーンやギドラグの怪物のような、追加で土地セットできるカードをを駆使して一気にドレインとドローを進められたらかなり強いと思う。

せっかく黒撤退の接死があるので、できればトランプルと相性のいいカードを加えたいけど、なんかないかなー。

まだ現段階だとうまいことアイデアがまとまらないけれど、少なくとも不屈の追跡者は今後のスタンに多大なる影響を与えうるカードであると思う。

ちょっとごちゃごちゃしているけれど、今週末にもっとアイデアを練ってみようと思う。

 

(4/9追記)

簡単ですが不屈の追跡者入り緑黒撤退のデッキレシピを書いてみました。参考までに。