《膨らんだ意識曲げ》はハンデスデッキの希望になるか

前回に引き続きハンデス系の考察です。

プレスリリースで現出クリーチャーを使ってて思ったんですが、この現出というキーワード能力、エライコッチャなくらい強いです。

どの現出クリーチャーも唱えた時にアドバンテージを稼ぐ効果を持っているため、クリーチャーを生け贄に捧げてもあまり負担がないのがいいところですね。

という訳で今日は《膨らんだ意識曲げ》です。

膨らんだ意識曲げ (8)
クリーチャー-エルドラージ・昆虫

現出(5)(B)(B)
あなたが~を唱えた時、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤ^は自分の手札を公開する。あなたはその中から、点数で見たマナコストが3以下の土地でないカード1枚と、点数で見たマナコストが4以上のカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそれらのカードを捨てる。

5/5

不確定とはいえ、1:2交換をしたあとに5/5バニラが残るエグい性能をしてますね。この《膨らんだ意識曲げ》のいいところは、こいつ自身が、かなり対処が必要なクリーチャーだというのに、これを唱えた時に解決策が根こそぎ奪われるんですね。

いいスペックしてます。問題の生け贄に捧げるクリーチャーですが、お馴染みの《作り変えるもの》か《難題の予見者》ですかね。

特に《難題の予見者》はベストカップルですね。《難題の予見者》で相手の急所を落としつつ、場から離れた時のドローをも《膨らんだ意識曲げ》で叩き落とせるのはエグいの一言。

《難題の予見者》が場に出た時にすでに相手の手札を一度見ているので、不確定要素をかなり抑えることができます。

問題はデッキの構築を結構縛ることですかね。無色マナを出すなら対抗色が便利ですが、それをしてしまうと優秀な命令サイクルが使えないのがネックですね。

黒の対抗色が、黒白と黒緑なので、そのどちらかて形ですね。

黒緑であれば《地下墓地の選別者》や《州民を滅ぼすもの》を使えるのが強みでしょうか。実は《異端の癒し手、リリアナ》とも相性がいいのが現出の好きなところ。

色が厳しいですが、《異界の進化》も使えるのがかなりのアドバンテージか。割と何でも持ってくれるのは嬉しいところ。

現実的に使うならこちらが優先でしょうか。逆に白を触るメリットがやや薄い感じですかね。

緑であれば使いみちが無い場面の《巨森の予見者、ニッサ》を現出コストにしたりできますしね…。

《膨らんだ意識曲げ》の高いタフネスを活かして《衰滅》を入れるのもありかもしれませんね。

どちらにせよ、まだまだ入るデッキも未知数ですが、このカードは黒系デッキのソリューションになりそうな予感が有ります。

なにかおもしろい使い方をご存じの方は、@iCtomoeにまでリプライ下さいな。

それでは、また。