《残忍な剥ぎ取り》は黒緑昂揚デッキを完成させてくれるか

2016年8月6日

ぱっと見た時、新しいガラクかと思った人はどれくらいいたんだろうか。

どうも、こんにちは。今日は手袋集めるの大好きおじさんこと《残忍な剥ぎ取り》を考察します。

まずはテキスト。

残忍な剥ぎ取り (B)(G)
クリーチャー-人間・戦士:

トランプル
残忍な剥ぎ取りがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚見る。そのうちの望む枚数をあなたの墓地に、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。
昂揚-あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるかぎり、残忍な剥ぎ取りは+2/+2の修整を受ける。
2/2

えーっと、なになに。2マナ2/2トランプルで、戦闘ダメージがプレイヤーに通ると、墓地にも落とせるようになった占術3の強化版で、昂揚達成すると4/4になるのかー。

やべえ、何言っているのかさっぱりわからない。《森の代言者》といい《薄暮見の徴募兵》といい、最近の2マナクリーチャーの性能上がりすぎていやせんかね。

あえて弱点をあげるのならば、昂揚達成していないかぎり2/2でしかないので、そもそも打点が通らないかもしれないということですね。

まあ、それを簡単に解決できるカードはちゃんとあるんですけどねー・・・。

というわけで、《残忍な剥ぎ取り》は《最後の望み、リリアナ》を組ませましょう。

リリアナのプラス能力で《残忍な剥ぎ取り》の打点を無理矢理通し、リリアナのマイナス能力でクリーチャーを回収する動きは相当エグいでしょうね。

むしろジェイスより相性が良いから、これはリリアナ×ジェイス派にとっては由々しき自体かもしれませんね。

閑話休題。あくまで《残忍な剥ぎ取り》はドローの質と墓地肥やしと打点が両立しているだけで(何言っているんだ)、手札を増やすことはできないので、そこはリリアナと《ギトラグの怪物》にお任せしたいところですね。

素直に《溺墓の寺院》を入れておけば、後半のマナ加速にも使えるのが魅力です。あとは雑に《精神壊しの悪魔》を入れておけば、そんなに問題はないかなって思います。

アーティファクトはお馴染みの《搭載歩行機械》で良いとして、インスタントとソーサリーはどうしたもんかな。《過去との取り組み》と《エムラクールの嘆き》がどこまでやってくれるかが気になるところ。

戦力だけなら他のアーキタイプにはやや劣るので、プレイングが結構問われそうですね。

《残忍な剥ぎ取り》は間違いなく最強クラスの2マナクリーチャーなので、これをどうやって活かすのかが問題です。

まだまだアイデアは発展途上っていったところでしょうか。

どなたか良いアイデアがありましたら、@iCtomoeにまでリプライ下さい。

それでは、また。

]