最後の望み、リリアナの長所と好相性のカードについて考察

2016年8月6日

異界月のスポイラーが開始されてから皆が皆楽しみにしていたリリアナ様が登場しました。

最後の望み、リリアナ
1(B)(B)
プレインズウォーカー - リリアナ

+1:クリーチャー最大1体を対象とする。あなたの次のターンまで、それは-2/-1の修整を受ける。
-2:あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚あなたの墓地に置く。その後、あなたはあなたの墓地からクリーチャー・カード1枚をあなたの手札に戻してもよい。
-7:あなたは「あなたの終了ステップの開始時に、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンをX体戦場に出す。Xはあなたがコントロールするゾンビの総数に2を足した数に等しい。」を持つ紋章を得る。
初期値 3

まさかの3マナ。そしてまさかの3マナプレインズウォーカーなのに+能力で除去も可能。(何言っているのかほんとうにわからないくらい強い事書いてある)

次の自分のターンまでマイナス修正が続くあたりは、《思考を築く者、ジェイス》を思い出しますね。

マイナス能力で墓地と手札を増やすあたりも、《思考を築く者、ジェイス》そっくりです。

つまり今回のリリアナは、マナコストが減って、色が黒くなった《思考を築く者、ジェイス》って感じでしょうか。

各所ではリリアナに対して強い弱いと様々な意見がありますが、自分はジェイスを使ったコントロールにメッタメタにされていた記憶があるので、このリリアナが弱いなんて到底思えないんですよ。

そもそも3ターン目に唱え、プラス能力を打たれたら、6点もの打点を叩き出さないとこのリリアナを落とすことができないわけで。

硬さだけなら、《悪夢の織り手、アショク》にも届きます。リリアナもアショクも奥義までにかかるターンが同じ(唱えてから5ターン目)のため、奥義が射程圏内です。

アショクと違い、ビートダウン・コントロールの両方にも影響を与えられるのが強みでしょうか。

少なくとも今回のリリアナは、単体ではうまくまとまっている印象です。

しかし3マナのカード1枚でゲームの流れを決めることはもちろんできません。

相方となるカードが必要です。リリアナの相方といえばジェイスですが、《秘密の解明者、ジェイス》とこのリリアナの相性が良いかといえば微妙なところ。

しかし、リリアナのプラス能力マイナス能力を十全に活かすことができるプレインズウォーカーがいるんですよね。

ええ、《束縛なきテレパス、ジェイス》くんです。

Jace, Vryn’s Prodigy / ヴリンの神童、ジェイス (1)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)
(T):カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。あなたの墓地にカードが5枚以上あるなら、ヴリンの神童、ジェイスを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
0/2
Jace, Telepath Unbound / 束縛なきテレパス、ジェイス
〔青〕 プレインズウォーカー — ジェイス(Jace)
[+1]:クリーチャーを最大1体まで対象とする。あなたの次のターンまで、それは-2/-0の修整を受ける。
[-3]:あなたの墓地にある、インスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。このターン、あなたはそれを唱えてもよい。このターンにそのカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。
[-9]:あなたは「あなたが呪文を1つ唱えるたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から5枚のカードを自分の墓地に置く。」を持つ紋章を得る。
5

もうね、正直お前ら結婚しろよって言うくらい良い相性ですね。

表面のジェイスの効果で墓地に捨てたクリーチャーを、リリアナのマイナスで回収したり、リリアナのマイナスで落ちたインスタント・ソーサリーをジェイスのマイナスでフラッシュバックさせたり、お互いのプラス能力をぶつけてアホみたいに固くなったりとやりたい放題好き放題って具合です。

最近のジェイスの悩みであった変身速度の低下も、ある程度補えるようになったのが嬉しいところ。

今回のリリアナを使うなら、《ヴリンの神童、ジェイス》と絡めるか、緑黒昂揚にそのまま入れるかって感じでしょうか。

ちょっといろいろ運用を考えて見ますかね。

上記に挙げた運用以外で面白そうな使いみちを思いついた方がいらっしゃいましたら、@iCtomoeにまでリプライ下さいな。

それでは、また。

]