新キーワード”現出”と”作り変えるもの”の相性について

老いたる深海鬼(リンク先は老いたる深海鬼の考察記事)が公開されてから、じわじわMOで値上がりしている《作り変えるもの》さんについて今日は考えてみようかと。

Matter Reshaper / 作り変えるもの (2)(◇)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

((◇)は無色マナを表す。)
作り変えるものが死亡したとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それが、点数で見たマナ・コストが3以下のパーマネント・カードであるなら、あなたはそのカードを戦場に出してもよい。そうでないなら、そのカードをあなたの手札に加える。

3/2

やや低いタフネスに目をつぶれば、基本的にアド損しない優秀なクリーチャー。

戦場に出た時ではなく、死亡した時に効果が誘発するとはいえ、恵まれすぎたこの能力。

もちろん土地をめくればマナ加速もできますし、インスタントやソーサリーなら手札に加えられるこの無法感。

マナコスト3以下の”パーマネント”なので、《熱病の幻視》などを引っ張ってこれたりするのも魅力の一つ。

一番いいのはももう一枚の《作り変えるもの》を拾えることなんだけど、それはちょっと難しそう。

ちなみに場に出すのは任意なので、効果でめくれた《搭載歩行機械》をそのまま墓地に放り込まなくてもいいのは偉い。

白緑トークンが跋扈する今、タフネス2はかなり足を引っ張りそうだけど、いっそ開き直って現出コストに突っ込む前提で運用すればそんなに気にならないかもしれない。

回避能力がない地上タフ2に、割と人権が無い現環境だけど、それでもパワー3は偉い。

実は《コジレックの帰還》は、死亡時に追放させる効果がないため、《作り変えるもの》が戦場にいても気にせずぶっぱなしてもいいのはお得。

とは言え、《反射魔道士》がでかい顔している間はそれなりに冷遇されそう。だれかあの禿げをどうにかできないものか。

《現実を砕くもの》や《難題の予見者》も《反射魔道士》の前ではかなりの無力なんだよな。

これはもう《次元の歪曲》を4枚積むしか無いですな。積んでも到底追いつける気がしないのが、バントカンパニーの怖いところ。

中隊が稼ぐアドバンテージに対してピン除去じゃ無力なんだよなー。

うまくインスタント呪文を妨害できる、チャーム的なスペルが来ないものか。

どちらにせよ、これほど優秀なクリーチャーである《作り変えるもの》の力を持ってしても、工夫しないとあっさりやられそうなのが辛いところ。

私には《サリアの副官》のおかげで2/3になってドヤ顔突っ立ちしてくる《スレイベンの検査官》のドヤ顔が見えるよ。。。。

《作り変えるもの》以外で現出に相性が良いクリーチャーって何かいないかな。探査がローテンションで落ちてなかったら相当やばかったろうけど。。。

なにかとっておきのアイデアがある方は@iCtomoeにまでリプライ下さいな。

それでは、また。