【カード評価】悪魔の意図について語るよ

2022年11月1日

今回は悪魔の意図のカードレビューです。

再録カードらしいんだけど自分は初見なので新鮮な気持ちでレビューをしていくよ。

悪魔の意図の概要

クリーチャーの生贄が必要な《悪魔の教示者》。…え、追加コストそれだけ???

《悪魔の教示者》能力ってスタン目線だと適性が5マナなんだけど、2マナで良いの?

そもそもこのカードってレガシーでしか使えないんじゃなかったっけ?

モダン通り越してスタン???

おとなしくモダンホライゾン3とかに入れておけば良いものを…

もうめっちゃ嬉しい!ちょっと最近コンボ系デッキ勢いないな~って思っていたので、マジで嬉しい。

悪魔の意図の使い方

基本的にはコンボデッキに搭載し、キーカードをサーチするのがおすすめ。

カードプールが広ければ広いほど効果を発揮するカードなので、まずはパイオニア目線で考えてみる。

パルへリオンデッキに入れる

まず真っ先に思いつくのはパルへリオンデッキだよね。《縫い師への供給者》を生贄に捧げて、《大牙勢団の総長、脂牙》や3枚目の土地をサーチする動きがえぐ過ぎる。

すでにパルへリオンの発進準備が完了しているのであれば、《沈黙》とかサーチして妨害札ぶっ潰すこともできる。

まず間違いなく許されんだろ…。

サクリファイス系にいれる

サクリファイスデッキって、《波乱の悪魔》、《魔女のかまど》がないとだいぶ出力が落ちるんだけど、それらを確定サーチできる上に生贄もできるってそんなの絶対おかしいだろ…。

《大釜の使い魔》とか《不運な目撃者》とかをコストにこれらをサーチされたら流石にキレるかもしれない…。

八百長試合に入れる

あんまり使っている人いないかもしれないけれど、《八百長試合》デッキお気に入りなんですよね~。

あのデッキの弱点って、そもそも《八百長試合》を引けない時なので、これを確定サーチできるのはちょっとバグ。

ネタデッキが急に強くなるな~~~。

まとめ

ぱっと思いついたのがこれらなんだけど、多分もっと面白い使い方がありそう。

いやあ~~~~、高い高いと思っていたカードパワー、どんどん高くなっていって怖いな~~~!

めっちゃテンション上がってくる↑↑↑

それでは、また!