【カード評価】ファイレクシアの肉体喰らいについて結構語るよ

2022年10月29日

多分今回のぶっ壊れ枠が一つ、ファイレクシアの肉体喰らいについて語っていくよ~。

ファイレクシアの肉体喰らい

《ワームとぐろエンジン》を思い出す大型ワーム。7マナ7/5、威迫、絆魂の時点ではまあまあ。

護法(パワー分ライフルーズ)はかなりヤっている印象。ゲーム中盤から後半の7点ルーズはゲームが終わる。

ただまあ7マナで唱える生物か?って聞かれると微妙なライン。

当たり前だけど、試作能力から使うのが基本になると思う。

で、3マナ3/3、威迫、絆魂、護法が強いか?って聞かれると、かなり強いって返せそう。

普通にダメージレース壊れる。

スタン、パイオニア目線だと普通に強いライン。

このカードの本命は、このカード自体が、7マナ7/5、威迫、絆魂、護法の、アーティファクトで非伝説生物であるということ。

悪用してくださいっていうデザインは本当に良いね!色々思いつきそう。

無難にブリンクしても良いし、サーチや踏み倒し、リアニメイトなどやりたいことが色々出来そう。

適当に相性の良いカードピックしていくか。

《金色の大帆船》や《精霊界との接触》などのブリンク系

ぱっと思いつくのはブリンク系。

まあみんな思いつくよねというタイプの奴。

試作で唱えた時は3/3だけど、ブリンクすることで試作で唱えたという情報をリセットし、別のオブジェクトとして場に出すのは基本中の基本か。

問題は試作で唱える時は黒マナが必要なので、色を足すのはちょっと慎重になった方が良いかも。

《マラキールの再誕》や《不死なる悪意》などのその場リアニメイト系

この手のその場復活系の場合、色を増やさなくても使えるのが偉い代わりに、汎用性がちょっと落ちるので要注意。

まあアーティファクトや黒系なら生贄に捧げるのはそこまで大変ではないので能動的にあれこれできると思う。

ファイレクシアの肉体喰らいだけではなく、他のカードでもその場復活を活かせる構築になったらデッキになるかな?

サクリファイス系の新たな勝ち筋になるか?

個人的には一番やりたい使い方の一つ。

《芽吹く生命の行進》のような同名サーチ

試作で唱えてもファイレクシアの肉体喰らいという名前は変わらないので、《芽吹く生命の行進》のような分裂系のカードでサーチが可能。

が、サーチコストが結構重たいので、そこまで上手くいくかな?という懸念はある。

まああくまで可能性として。

《 マク・ファワを手懐ける者、ミシュラ》などで蘇生させる

大体同じようなタイミングで後悔された、マク・ファワを手懐ける者、ミシュラで蘇生をつけるのは結構あり。

墓地から7点の絆魂、威迫生物が殴ってきたらゲームが傾く。

《復元》や《報復招来》でリアニメイトする

パイオニアで一番軽いリアニメイトが《復元》なのでまずはそれをピック。

個人的に《報復招来》で11/9のファイレクシアの肉体喰らいを作る方が楽しそうだとは思っている。

護法で11点ルーズとかやばすぎるでしょ笑

ただまあ速攻が付いているわけではないので、ネタレベルかな?とは思う。

まとめ

少し考えるだけで結構使い道浮かぶので、ちゃんと考えたらもっとヤバそう。

大振り小ぶり色々な方法で悪用できそうだけど、せっかく軽いコストで唱えられるので、細かい呪文でバグらせて行くのが一番良いと思う。

スタンはちょっとわからないけど、パイオニアだと、まともに殴るタイプのデッキがまた辛くなるな~と思う。

いやあ本当に楽しみですね~。ファイレクシアの肉体喰らい使いたいので初動安くあってくれ!頼む!

 

今日はこの辺で。それでは、また!