【要約・感想】「服が、めんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める 」を読みました~/俺みたいなオタクにお勧め

はじめに

スタイリストの大山旬さんの「服が、めんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める 」を読みました~。

パッと思うこととして、タイトルが良いよね。

服はめんどい。

平日はスーツで過ごしている自分ですら、土日の私服で結構悩む。

せめて無難な服装を…と思ったところで、自分みたいなゲームオタクは、ファッションに関する基礎知識がないもんだから、にっちもさっちも行かないわけです。

この本はそんな悩める男どもを救う素晴らしいバイブルでした。

要約・感想

レシピ通りに服を買え、オリジナリティは目指すな

センス抜群は目指すな(どうせ無理だ)

無地で同じ服を揃えろ(ユニフォームにしろ)

基本はユニクロでそろえて、アウターだけ高級ブランドから買ってこい

雑にまとめるとこんな感じ。とにかく無難の目指し方についてのレクチャーでした。

チェックのシャツや柄物のシャツなどは買わず、無地の無難な服を買っていこうということを念押しで書かれていました。

無難な服っていうのは、白い無地シャツ、ジーパンのことですね(真理)

そこに地味な色のジャケットやパーカー、あとは黒色のスニーカーを履こうということが書かれていました。

そしてそれらを複数セット揃え、毎日同じ服を着れば面倒はすべて解決!ということですね。

自分も2セット揃えてしばらく暮らしているのですが、めっちゃ便利ですね~。

結構長い間悩みの種だった服装の問題が解決したので、自分の人生も一歩前進です。

割と参考になることが多かったので、気になる人はぜひ読んでみてください。

今日はこの辺で。

それでは、また。