麻雀ってなんだろう…

実はマジックと同じくらい麻雀を続けている。続けていると言っても、マジックよりもずっと頻度は低いのだが、まあ、長く遊んでいるゲームだと思う。

今までは身内でちょっと遊ぶぐらいだったんだけど、姫麻雀というスマホアプリに手を出してからは、結構がっつりやりこんでいると思う。

リリースしてから3週間くらい経ったけど、既に90戦もしているらしい。ほぼ全部半荘戦なので、他のゲームの片手間にしてはずいぶん遊んでいる。

麻雀ファンからしたら、大した量ではないのかもしれないけれど、たまに身内で暇つぶしに遊ぶくらいだった自分からしたら、結構な進歩?だと思う。

リアルのマージャンだと、着順率だとか、打点の割合などがわからないんだけど、ネット麻雀だとそれらが履歴として残るので、後々読み返してみるとかなり面白い。

参考までに今のリザルト。

これが高いのか低いのかはあんまりわからないけど、リアルのマージャンよりはかなり勝てていると思う。(むしろリアルのマージャン全然勝てんわ…)

リアルのマージャンだと、打点重視というか、面前でリーチを掛けたくなっちゃうんだけど、どうもそうじゃない方が強いらしい。

速攻&振り込まない戦術が強い気がする。

根拠は無いんだけれど、ネットの麻雀だと自分が気持ちよくなるために、押せ押せで突っ込んでくる人が、卓に必ず1人以上いるため、彼らが勝手に潰し合っている合間に、1~2回くらい、ちょっとした手を上がるだけで2位が安定する。

麻雀は2位以上を目指すゲームだと思っているので、かたつむりみたいな打ち方が堅実で強い気はする。

麻雀に関して言えば、ティミーというよりはスパイク指向だったので、ずーっと堅実に打とうと思う。

で、表題の件なんだけど、麻雀ってなんなんだろう…

色々参考書籍を探してみたんだけど、確率重視だったり、オカルト重視だったり、人によって戦型はさまざまあって、調べれば調べるほどわからなくなる。

打点を重視するのか、速度を重視するのか、それとも別の何かを重視するのか…。

最近はAIが麻雀をやって好成績を残しているらしいんだけど、それはつまり、理屈で強くなる方法があるんだと思う。

それが確率なのかオカルトなのかはわからないけど、しばらくは確率信者として頑張っていきたいと思う。

蛇足だけど、麻雀ってたいていオカルト側が勝つよね…